【成功への抜け道】「サードドア 精神的資産のふやし方」感想

どうも、ゼロから始めるマンです。

年収と増やすという成功を求めて、ブログをやったりしてもがき続けています。

「成功への抜け道」と本の帯がキャッチーで惹かれたため、興味を持って買って読んでみました。

ということで、今回は「君たちはどう生きるか」の感想とレビューを書いていきます。

こんな人にオススメの記事です。
成功する方法を知りたい人や「サードドア 精神的資産のふやし方」を読んだ人

レビュー

この本の評価
総合評価
(5.0)

概要

「あなたはどうやってキャリアを踏み出したのか――」
18歳の大学生が、ビル・ゲイツ、レディー・ガガ、スピルバーグなど、
米国各界の著名人に次々と突撃インタビュー!

いつだって、そこにある「成功への抜け道」
何者でもない自分の、何者かになる物語。

★セレブ珠玉の名言が満載! 20歳のときに知っておきたい「連敗の必勝法」
★自分の小さな殻を破りたい人のための、「第1歩の踏み出し方」

ビル・ゲイツ、マヤ・アンジェロウ、スティーブ・ウォズニアック、
ジェシカ・アルバ、クインシー・ジョーンズ、
ジェーン・グドール、ラリー・キングなど、そうそうたる面々にインタビューをした著者は、
彼らの人生の始まりには、共通のカギがあることに気づく。

彼らはみな、サードドアをくぐりぬけて成功を収めたのだ。

【サードドアとは】
人生、ビジネス、成功。

どれもナイトクラブみたいなものだ。
つねに3つの入り口が用意されている。

ファーストドア:
正面入り口だ。長い行列が弧を描いて続き、入れるかどうか
気をもみながら、99%の人がそこに並ぶ。

セカンドドア:
VIP専用入り口だ。億万長者、セレブ、名家に生まれた人だけが
利用できる。

それから、いつだってそこにあるのに、
誰も教えてくれないドアがある。
サードドアだ。

行列から飛び出し、裏道を駆け抜け、何百回もノックして
窓を乗り越え、キッチンをこっそり通り抜けたその先に─―
必ずある。

ビル・ゲイツが初めてソフトウェアを販売できたのも、
スティーヴン・スピルバーグがハリウッドで
史上最年少の監督になれたのも、……みんな、
サードドアをこじ開けたからなんだ。

引用:Amazon

感想

この本はアレックス・バナヤンという人物が夢に向かって走り続けた実話です。

内容としては、ビルゲイツやレディー・ガガ、スティーブンスピルバーグなど大物にインタビューをする内容です。

正直、これが実話ということを読んだ後に知って驚きました。

この本は若いうちに読めば読むほどいい作品だと思います。

それは、若さは最大の武器であるということを伝えてくれるからです。

また、私は人生を成功させるためにもがいていますが、成功していない私でも共感できる部分がとてもありました。

この本が教えてくれる大事なことは主に3つあると思います。

  • 勉強
  • 行動
  • 改善

当たり前のことだと思った人も多いと思います。

確かに当たり前のことですが、経験をもとに書かれているため説得力が違います。

上記の内容は以下で紹介します。

勉強

まず初めに成功に必要だと思う要素は「勉強」です。

最近では、「勉強をしなくてもいい」という人もいますが、やっぱり成功するためには勉強が必要だと思います。

アレックス・バナヤンは成功者にインタビューする時はその著名人の本をたくさん読みます。

インタビューするにしても、事前に知識をためて唯一無二の情報を引出そうと努力しています。

これは、就活時に入りたい会社を調べ尽くすことに似ていると思います。

私も最近だと転職をするときに会社のHPからプレスリリースまで様々な情報を調べ尽くしました。

やっぱり、調べ尽くした後でなければ、内容が薄い会話になってしまいます。

いざ、情報を調べ尽くさなければハイレベルな知識を持った人と有意義な会話するチャンスを無駄にしてしまいます。

そのため、「勉強」することも成功への抜け道への要素だと思います。

行動

次に、成功するために必要だと思う要素は「行動」することです。

当たり前ですが、考えているだけでが何も始まりませんよね。

主人公であるアレックス・バナヤンがビルゲイツなどの大物有名人と会えたのは行動力があったからです。

ビルゲイツなどの大物に直接メールを送ったり、実際に会いに行ったり行動力がすごいです。

これを聞いてお金があったからだろと思う人もいると思いますが、そのお金も行動によって引き寄せます。

お金はテレビ番組の賞品だったので運がよかったということもありますが、行動しなければ普通に大学を卒業して平凡なサラリーマンで終わったことでしょう。

しかし、そうならなかったのは、自分の考えを形にしようと行動し続けた結果です。

私もやりたいことをガムシャラに行動し続けていつかアレックス・バナヤンのように形にしたいと思います。

「行動」は成功への抜け道の要素の一つだと思います。

改善

最後の成功するために必要な要素が「改善」することです。

成功するために一番大切なのがこの改善することだと思います。

どんなに勉強して行動に移して継続しても、得た結果から学び改善しなければ何も変わりません。

アレックス・バナヤンはメールや電話する回数が多かったり、無礼な内容だったり迷惑をたくさんかけます。

最初は気づかなくても、有名人に言われたり、メンターに注意されたりして少しづつやり方を変えていきます。

この改善に至る経緯も失敗したからこそ間違いに気づくことができた良い経験ですよね。

クインシー・ジョーンズは「失敗は最高の贈り物」と言っており、成功と失敗をイコールでつなげています。

私はブログをやっていますが、ユーザーを集めるためにトライアンドエラーを繰り返しています。

だからこの「失敗は成功のもと」のような考え方にとても共感しました。

このように改善することは成功への抜け道への大切な要素だと思います。

最後に、この本の中で好きな一説を共有して終わりたいと思います。

それから、いつだってそこにあるのに、誰も教えてくれないドアがある。
サードドアだ。

行列から飛び出し、裏道を駆け抜け、何百回もノックして
窓を乗り越え、キッチンをこっそり通り抜けたその先にーー必ずある。

ぜひ、「サードドア 精神的資産のふやし方」読んでみて下さい!

【環境が変わる】人生を変えたいなら「行動」するしかない話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です