【書けば人生が変わる】田中泰延さん「読みたいことを、書けばいい。」感想

どうも、ゼロから始めるマンです。

今回は、田中泰延さんの「読みたいことを、書けばいい。」を読みました。

レビューと感想を書いていきます!

こんな人にオススメの記事です。
ブログをやっている人やライターを目指している人

レビュー

この映画の評価
総合評価
(4.0)

概要

「バズる記事を書きたい」
「ターゲットに刺さる文章を書きたい」
「自分の思いを読んでほしい」

そんな「技術」を学ぼうとする人は、
出発点から間違っている。
もっとシンプルに、
あなたが読みたいことを、
あなたに向けて書けばいいのだ。

事実の中に、あなただけの発見を見出し、
調べて、自分に向けて書く。
その結果、あなたは誰かとつながり、
人生が変わる。

電通コピーライターとして24年、
自分が読みたいものを書くために
退職して「青年失業家」へ。

Web記事500万PV超、
Twitterフォロワー46000人超。
多くの支持を得るwebライター初の著書。

書くことは、たった1人のベンチャー起業。

「自分が読みたいものを書く」ことで、
実際に「現実が変わる」のだ。
そんな話を始めたい。

全く新しい文章講義、開講です。

引用:Amazon

感想

本屋で面白そうな本を探しているたら、シンプルな表紙に惹かれて手に取りました。

ブログを書いているとどうすれば簡単に文章を書けばいいのかなと悩む時がありますよね。

この本はそんな悩みを解決してくれるかなと思って読んでみました。

その答えはシンプルで「そんな物はない」でした。w

でも、どんなことを書けばいいのかというのは教えてくれます。

それは読みたいことを書けばいいです。タイトルのままです。w

読みたいことを、書けばいい。

このタイトルが言いたいのは「自分が最初の読者」ということです。

つまり、自分が読んで面白い文章でなければ、誰が読んでも面白くないということです。

確かに自分が読んで面白くない文章を他の人が読んで面白いと感じることは少ないと思います。

私も文章をほぼ毎日書いていますが、自分が読み返してダメだなと思っているのはリライトします。

結局、当たり前ですけど自分が微妙だなと思った文章は他の人が読んでも微妙なんですよね。

ただ、この本を読んで間違えてはいけないのは、書きたいことを書いてはいけないということです。

書きたいことを書いてはいけない

読みたいことと書きたいことは全く違います。

自分が書きたいことと読みたいことは違いますよね。

つまり、何が言いたいのかというと「ユーザー視点」を忘れてはいけないということです。

書くときは読み手の気持ちを考えて書くことが大事です。

私はたまに自分が書きたいことを書いてしまいます。

そういう記事はとてつもなくビュー数が低いです。

だから、自分が書きたい記事ではなく、読みたい記事を書くことが大切ですね。

そこを間違えてしまうと、全く読まれない記事になってしまいます。

ただ、どれだけユーザー視点を意識しても読まれない記事だってあります。

それでも私たちが書き続けるのは「自分の正しさを証明するため」なのかもしれません。

自分の正しさを証明するために書き続ける

この本の中で著者は文章を書くことを「たった1人のベンチャー起業」と表現しています。

ベンチャー企業の企業家は「自分を証明するため」に起業している人が多いとのことです。

そして、著書を含めて文章を書く人たちも「自分を証明するため」に書いている人が多いみたいです。

確かに、私がブログを書き始めた理由も「お金の稼げる副業を伝えたい」という思いで書き始めました。

だから間違っていないように感じます。誰にも読まれないけど文章を書き続けたり、ネタがなくても文章を書き続けます。

それでも私が文章を書き続けるのは「自分を証明するため」なのかもしれません。

文章を書くこともベンチャー起業と同じですね。

著者は最後に結局するかしないかが人生の分かれ目だと言っています。

最後はするか、しないか

ベンチャー起業するのも文章を書くのも結局最後はするか、しないかです。

そして、「する」を選択しても、やり続けなければ意味はありません。

つらくても、やりたくなくても、楽しくなくても継続しなければ成功しません。

ただその成功がいつ来るかは誰にもわかりません。

でもそんな暗闇の中で自分を証明するために、継続し続けられる人だけに人生が変わる瞬間が訪れます。

そう、著者は言っています。だから皆さんも選択を迫られた時は勇気を持って「する」を選択しましょう!

【人生が変わる】読書するメリットについて解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です