【メモが人生を変える】「メモの魔力」感想

どうも、ゼロから始めるマンです。

毎月、数冊の本を読みます。

私は普段世の中でトレンドになっている本をよく読みます。

でもなぜか前田裕二さんの「メモの魔力」は読んでいませんでした。

周りの皆が読んでオススメと勧められていた本の一冊です。

この度、やっとの思いで重い腰を上げて「メモの魔力」を読みました。

ということで今回は「メモの魔力」の感想について書いていきます。

こんな人にオススメの記事です。
就活や転職をしている人や「メモの魔力」を読んだ人

レビュー

この本の評価
総合評価
(5.0)

概要

いま最も注目される起業家・前田裕二による渾身のメモ術!

・メモで、目にする情報全てをアイデアに変える
・メモで、本当の自分を見つめ直す
・メモで、夢をかなえる
◎メモの魔力を手にした時、あなたは、何者にでもなれる。

〔巻末付録〕自分を知るための【自己分析1000問】

“僕にとってメモとは、生き方そのものです。
メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。
メモによって自分を知り、人生のコンパスを持つ。
メモによって夢を持ち、熱が生まれる。
その熱は確実に自らを動かし、人を動かし、そして人生を、世界を大きく動かします。
誰にでもできるけど、誰もまだ、その魔力に気付いてない
「本当のメモの世界」へ、ようこそ”
(「序章『メモの魔力』を持てば世界に敵はいない」より)

「新たな発想をするために特別なことをする
必要はない。すべてのヒントは日常の中にある。
前田裕二がメモをとる姿をみているとそう思う」秋元康推薦! !

引用:Amazon

感想

「メモの魔力」を読んだ感想は「もっと早く読めばよかった」です!

就活をする前に読みたかった一冊です。

本の内容としては、前田さんのメモの取り方やメモを取る意味などについて書かれています。

メモの取り方やメモの取る意味と聞くと「そんなの大体分かるわ!w」と思ってしまいますよね。w

でも、内容がめちゃくちゃ濃いです!

この本を読めば、自分の今と未来が鮮明になります。

現在と未来が鮮明になる

なぜ、鮮明になるのかというと前田さんのメモは具体から抽象化、そして転用までを一連のメモとして残すからです。

その時あった事実を書き写し、そこから何を感じたかを抽象化して他のものに活用できるかとうことを行います。

それにより、振り返ったときにその時に何を考えてどんなアイデアがあったのかという今が鮮明になります。

また、これらの積み重ねにより、自分のアイデアの軸やどんな未来を描いているのかも鮮明になります。

このように、メモを「具体→抽象→転用」で行うことで現在と未来が鮮明になります。

そして、次に「メモの魔力」は自己分析のツールになります。

自己分析のツールになる

「メモの魔力」の巻末に自己分析の一問一答が1,000問用意されています。

この1,000問を解くことで自分自身への理解はとても深まること間違い無しです。

私はまだ全ての問題に回答していませんが、かなり自分自身の理解が深まったと思います。

だからこそ、就活前にこの本に出会いたかったと書きました!

この問題を就活前にやっていれば、もっと自分を理解して自己PRなどを仕上げられたと思います。

とは言っても、ちょうどコロナ倒産に遭ってしまい、転職活動中なのでかなり役に立っています。w

そのため、これから就活するみなさんや私のような転職活動中の人は自分を見つめなおすいい機会になるのでオススメです。

最後に、メモには魔力があります。

メモには魔力がある

最後の最後でタイトル回収させていただきます。w

やっぱり、思っていることを言葉に出したり、毎日夢について考えるということは意味があるのだと思いました。

毎日目標などを言い続けたり、目にすることでその目標達成のための行動をするようになるのだと思います。

だから実験であったネガティブなことを発言する人はストレスが溜まりやすくなるのだと思います。

そして、これはマコなり社長オススメの感動プレゼンでもありましたが「思いは叶う」にも通じる部分があると感じました。

やっぱり、最後まで諦めないでいられるかということが夢を叶えるための原動力になるのだと思います。

私も以前から、毎日やることリストを書いて部屋に貼っているのですが、それをみると「やっておくか!」となります。

メモの魔力とは、このようなことだと思います。

実際、私もやっていて感じていた部分が大きかったので、とても共感しました。

みなさんも最初は騙されたと思ってメモに書いたり、言葉に出してみてください!

そうすれば、メモの魔力や言霊の力によって夢が近くなると思います。

「メモの魔力」は自分を見つめ返したりすることややることが明確になる本当にいい本です!

みなさんもぜひ読んでみてください!

【アパレル業界はこう変わる】「アパレル・サバイバル」感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です