【人生一度きり、本気で生きる】「LIFE!」感想

どうも、ゼロから始めるマンです。

アマゾンプライムビデオに登録しています。

今回はベン・スティラー監督の「LIFE! 生きてる間に、生まれ変わろう。」を観ました。

そのレビューと感想を書いていきます。

こんな人にオススメの記事です。
自分の人生をどう生きるか悩んでいる人や「LIFE!」を観た人

レビュー

この映画の評価
総合評価
(5.0)

概要

ジェームズ・サーバーの短編小説をノーマン・Z・マクロード監督、ダニー・ケイ主演で映画化した「虹を掴む男」(1947)を、ベン・スティラーの監督・主演で新たに映画化。1936年の創刊から2007年に休刊されるまで、世界で幅広く読まれたアメリカのグラフ誌「LIFE」の写真管理部で働く臆病で不器用な男が、人生変える波乱万丈の旅に出る姿を描く。LIFE誌の写真管理者として毎日地下鉄に乗って通勤し、変化のない日々を過ごすウォルター・ミティ。彼の唯一の楽しみは、むなしい現実から逃避する刺激に満ちた空想をすることだった。そんなある日、LIFE誌の最終号の表紙を飾る大切な写真がないことに気付いたウォルターは、カメラマンを探すため一大決心をして一歩を踏み出す。

引用:映画.com

キャスト

 

役名名前
ウォルター・ミティベン・スティラー
ショーン・オコンネルショーン・ペン
シェリル・メルホフクリステン・ウィグ
エドナ・ミティシャーリー・マクレーン
テッド・ヘンドリックスアダム・スコット

感想

友人に以前からみた方がいいと言われていた映画「LIFE!」をやっと観ました。w

結論から言うと、観てよかったです!

具体的に何がよかったのかと言うと、「メッセージ性」と「映像美」の2つです。

簡単にストーリーを説明すると、主人公のウォルターは出版社でネガ管理の仕事をしています。

しかし、その出版社は経営が傾き、長年発行してきた「LIFE」という雑誌が終了することになります。

最終号の表紙のネガを主人公が無くしてしまい、写真を撮ったショーンを探して旅に出るというお話です。

ということで、観てよかったことについてそれぞれ以下で説明していきます。

メッセージとしては勇気を持って行動すれば、人は変われると言うことです。

勇気を持って行動すれば、人は変われる

主人公は今まで仕事をこなしているだけで、自分で何か行動したことが全くありませんでした。

でも、ショーンを探すためにヘリコプターに乗って一歩踏み出したことによって、多くの人とあったりたくさんの経験をします。

その結果、考え方が変わり、行動が変わって最後にはハッピーエンドを迎えることができました。

やっぱり行動することが人生を変えることだと再認識しました。

私は稼げると信じてブログを書き始めたことによって少しずつ稼げるようになりました。

しかし最近、ブログ以外にチャレンジすることが減ってきています。

そのため、LIFEの主人公みたいにたくさんのチャレンジをして人生を楽しみたいと思います。

このように、改めて勇気を持って行動することで人は変われるというメッセージに気づかされます。

次によかった点の二つ目である映像美について紹介します。

冒険感を高めてくれる映像美

主人公は写真家のショーンを探して様々なところにいきます。

その行った場所の映像美が素晴らしいです。

特にヒマラヤでの映像は壮大で息をのみます。

映像が素晴らしくて自分も旅に出かけたいと思いました。

たくさんの美しいものや人と出会うことで価値観などが変わります。

私がヨーロッパのスペインに行った時にガウディー建築を観たことを思い出しました。

この映画をみるとまるで旅をしたような映像美で旅をしたような感覚になります。

「LIFE!」は映画の良さを存分に引き出している素晴らしい映画だと思います。

映画の良さを引き出している

文字だけでは表現しにくい、ストーリーと映画だからこその映像美で本当に映画だからこそだと思います。

もちろん、小説にも文字だけなので、想像力を膨らましてくれるという利点があります。

ただ、景色の美しさや空想などの部分は文字だけでは言い表すのが難しいですよね。

やっぱり、映像美とCGのグラフィックは映像ならではだと思います。

それをうまく利用したストーリーで自然とメッセージが頭なの中に入ってきます。

この映画は社会人として働いている全ての人間に言えることだと思います。

社会人の人や何かに悩んでいるひとはぜひ観てみてください!

【環境が変わる】人生を変えたいなら「行動」するしかない話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram
YouTube
Twitter
SHARE