【サブスクリプション】最新のビジネスモデルとは

現代で主流なビジネスモデルについて書きます。

皆さんはサブスクリプションっていう言葉を知っていますか?

最近のビジネスモデルはほとんどサブスクリプション型になってきています。

そこで、サブスクリプションについて詳しく書いていこうと思います。

現代で主流なビジネスモデル、サブスクリプションとは

サブスクリプションとは、定期的に利用料金が発生する販売方式です。

簡単にいうと、月額制のように一定のスパンで料金が発生する仕組みのことです。

具体例を挙げると、以下のようなサービスがあります。

  • アマゾンプライム会員
  • Apple Music
  • Office 365

とりあえず、3つの例を挙げましたが、月額制のサービスは他にもたくさんありますよね。

じゃあ、様々なサービスがこの月額制にしているのはなぜなのでしょうか。

サブスクリプションのメリット

サブスクリプションのメリットは主に3つ挙げられます。

  • 継続的に安定して収益を上げられる
  • 初期投資が少なくて済む
  • ユーザーの参入障壁が下がる

それぞれの詳細は以下で説明します。

継続的に安定して収益を上げられる

継続的に収益を上げることが可能です。

なぜなら、商品の金額が買い切りではないからです。

買い切りだと時期や旬に左右されたりしてしまい、毎月の売り上げが安定しませんよね。

しかし、サブスクリプションであれば、基本的にはサービス利用者が増えて右肩上がりで収益が上がっていきます。

そのため、継続的に安定して収益を上げることができます。

初期投資が少なくて済む

初期投資が売り切りタイプより少なくて済みます。

なぜなら、サービスなどを売る場合に、搭載予定の機能をすべて最初から搭載しなくても販売できるからです。

具体例を挙げるとドラゴンクエストXなどがあります。

この商品はバージョンアップによって随時機能を追加していっています。

そうすることで、開発コストを調達しながらサービスをリリースすることができます。

このように、初期投資が買い切りタイプよりも少なくて済みます。

ユーザーの参入障壁が下がる

ユーザーのサービスへの参入障壁が下がります。

サブスクリプションの場合、買い切りの場合より料金が安いです。

PSプラスでゲームをプレイするよりも、ソフト単体を購入したほうが値段高いですよね。

※PSプラスは月々1,000円ほどですが、ソフトを購入すれば5~8,000円はかかります。

サブスクリプションの場合は、長期的な目線で利益を上げようとしているため、

月々の料金が安めに設定されていることが多いです。

そのため、ユーザーからするとサービス導入への障壁が下がります。

サブスクリプションのデメリット

今度は、サブスクリプションのデメリットを挙げます。

主なデメリットは以下の3つです。

  • ある程度の収益を上げるまでに時間がかかる
  • 随時サービスの更新が必要
  • サービス解約がしやすい

詳細は以下で説明します。

ある程度の収益を上げるまでに時間がかかる

ある程度の収益を上げるまでに時間がかかります。

なぜなら、サブスクリプションの場合の収益は、ユーザー数に比例しているためです。

それにより、ユーザーが増えなければ、低い収益の状態も安定してしまいます。

赤字で継続することになることもあるため、どのように軌道に乗せるかがカギになります。

このように、ある程度の収益を上げるまでに時間がかかります。

随時サービスの更新が必要

次に、随時サービスの更新が必要になります。

初期投資が少なく済む分、随時ユーザーの満足度が上がるように工夫しなければなりません。

サブスクリプションの場合、一定期間で料金が発生するため、

ユーザーの満足度が下がると解約するケースが多いです。

これは、NPSという顧客満足度を測る調査でNPSが低いと

サービスが継続されなくなるという結果が出ています。

そのため、ユーザーの満足度を保つために随時サービスの更新が必要です。

サービスの解約がしやすい

最後に、サービスの解約がしやすいという点です。

参入障壁が低いですが、その分サービスの解約もしやすいです。

例えば、買い切りで100万円とサブスクリプションで月々10万円二つの場合でゲームを遊んでいるとします。

その場合、買い切りでは、「100万円払ったし、もう少し使ってみよう」と思いますが、

サブスクリプションでの場合は、「月々10万円もかかるし、早く解約しよう」と思いますよね。

私も、PSプラスは加入したり、解約したりを繰り返しています。

このように、参入障壁が低いですが、解約もしやすいです。

新しいことに挑戦して成功したいならお金を使おう

時代はサブスクリプション

デメリットも紹介しましたが、時代はサブスクリプションです。

やっぱり、継続的に収益が発生するため、安定感があります。

毎月安定して売上が出るのはトレンドの移り変わりが激しい現代では必須です。

移り変わりが激しい現代ではサブスクが望ましい

マイクロソフトも今までは買い切りだったOfficeソフトをOffice365でサブスク形式に変えてきています。

また、ゲームなども月額制やインターネットに接続するためにお金をとるのが増えてきましたよね。

このように、様々な企業がサブスクリプションに変更してきています。

そのため、今後ビジネスをやろうと思っている人は、

継続的にお金を取ることができるサブスクリプションビジネスを考えましょう!

まとめ

今回は、現代で主流なビジネスモデルであるサブスクリプションについて紹介しました。

サブスクリプションのとは定期的に料金が発生する販売方法のことです。

このサブスクリプションには以下のメリットがあります。

  • 継続的に安定して収益を上げられる
  • 初期投資が少なくて済む
  • ユーザーの参入障壁が下がる

また、デメリットは以下の通りです。

  • ある程度の収益を上げるまでに時間がかかる
  • 随時サービスの更新が必要
  • サービス解約がしやすい

もうすでにサブスクリプションビジネスはかなり導入されていますが、

これからますます活発になっていくと思います。

私が愛用しているサブスクリプションサービスはアマゾンプライム会員などがあります。

最近では、様々なサービスがサブスクリプション型になってきています。

そのため、今後ビジネスを考えている人はサブスクリプションビジネスを考えましょう!

【仕事】やりたいことがないなら営業をやった方がいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です