【Youtube】オススメ動画編集ソフト紹介

今回はオススメの動画編集ソフトについて書きます。

動画編集ソフトってたくさんありすぎてどれを選べばよいのかわかりませんよね。

私もどのソフトを選べばよいかわかりませんでした。

そんな以前の私のような人向けの記事です。

こんな人にオススメの記事です。
どんな動画編集ソフトを使用すればいいのか分からない人

オススメの動画編集ソフト

私がオススメする動画編集ソフトは二つです。

  • Final Cut Pro
  • Premiere Pro

まずは、これらがどのようソフトなのか紹介します。

その後、なぜこの二つのソフトがオススメなのかという理由を紹介します。

Final Cut Pro

Final Cut Pro

36,800円
(2019.10.23時点)
posted with ポチレバ

必要動作環境

オペレーションシステムmacOS 10.13.6以降
RAM4GBのRAM(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集用には8GBを推奨)
GPUOpenCLに対応するグラフィックカードまたはIntel HD Graphics 3000以降
HDD空き容量3.8GBのディスク空き容量

概要

「Final Cut Pro」 は、完全にデジタルで行われる今のプロ向けビデオワークフロー向けに設計されています。

また、4Kビデオを編集する際に驚異的なパフォーマンスを発揮する最新のアーキテクチャを使用しています。

そして、マグネティックタイムラインは、クリップの衝突や同期の失敗といった一般的な問題にわずらわされることなくストーリーに集中できるよう柔軟性に富んだキャンバスで操作が可能です。

他にも範囲ベースのキーワードやスマートコレクションなどのパワフルなメディア管理ツールを使用すれば、すばやくファイルに名前やタグを付けたり、ファイルをフィルタリングすることが可能です。

そのため、どんなクリップでも瞬時に見つけられるようになっています。

Final Cut ProはMacのハードウェアを最大限に活用するため、「ProRes」のほかに「REDCODE RAW」、「H.264」、「H.265」、「Sony XAVC」といったネイティブのカメラファイルをスムーズに編集できます。

Premiere Pro

created by Rinker
アドビシステムズ
¥65,760 (2019/12/08 08:39:59時点 Amazon調べ-詳細)

必要動作環境

プロセッサーIntel® 第 6 世代以降 CPU または同等の AMD CPU
オペレーティングシステムMicrosoft Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1703 以降
RAM8 GB の RAM
GPU2 GB の GPU VRAM

推奨されるグラフィックカードの一覧については、Adobe Premiere Pro に推奨されるグラフィックカードを参照してください。

HDD空き容量・8 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージ上にはインストールしない)
・メディア用に追加の高速ドライブ

概要

映画やTV、web向けの動画編集をリードしているのが「Premiere Pro」です。

Adobe Senseiを活用したツールと、Adobeの様々なツールやサービスと連動するシームレスなワークフローで、あらゆる映像素材を洗練された映画や動画に仕上げることができます。

さらに新たにPremiere Rushが加わり、どこにいても、あらゆるデバイスで映像素材をキャプチャして編集を開始できます。

オススメする理由

「Final Cut Pro」と「Premiere Pro」をオススメする理由は、社会で役に立つスキルが身につくからです。

「ほかの動画編集ソフトでもスキルは身につくだろ!」と思った人も多いと思います。

確かに別の動画編集ソフトでも動画編集スキルは身につきます。

しかし、社会で活用出来るかという点を考えると「Final Cut Pro」か「Premiere Pro」以外はあまり役に立ちません。

それは、動画編集で「Final Cut Pro」か「Premiere Pro」を使用している企業が多いからです。

趣味で行っていた動画編集がスキルとして社会に出てからも活用できるのは、大きなメリットです。

給料が高くなったり、副業で活用できたりして市場価値の高い人材になることが出来ます。

そのため、動画編集をするなら「Final Cut Pro」と「Premiere Pro」をオススメします。

まとめ

今回は以下のオススメ動画編集ソフトを紹介しました。

  • Final Cut Pro
  • Premiere Pro

「別に趣味でやるからソフトは何でも良い」という人もいると思いますが、同じ時間を同じ事に費やすのであれば、社会で通用するスキルを手に入れた方が良いと思います。

私は最初「Power Director」の最上位版を使用していました。

動画編集を行う上で不便に思うことはありませんでしたが、フリーランスとして仕事を受注する際にはとても不便に感じました。

動画編集ソフトを指定されていたりすることが多かったからです。

その結果、私は「Final Cut Pro」を購入しました。

動画編集スキルは最近ではかなり仕事でも活用できるスキルなので、動画編集を行おうと思っている人は「Final Cut Pro」か「Premiere Pro」を買いましょう!

【2019年】簡単に稼げるオススメの副業は動画編集です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です