【アウトプットの最大化】唐沢紫苑さん「アウトプット大全」感想

唐沢紫苑さんの「アウトプット大全」を読みました。

感想レビューと感想を書いていきます。

レビュー

この本の評価
総合評価
(3.0)

あらすじ

発行部数40万部突破! Amazonビジネス実用カテゴリー1位!
説明・アイデア・雑談・交渉など……
すべての能力が最大化する。

日本一情報を発信する精神科医が贈る、
脳科学に裏付けられた、伝え方、書き方、動き方

「メルマガ、毎日発行13年」「Facebook、毎日更新8年」
「YouTube、毎日更新5年」「毎日3時間以上の執筆11年」
「年2~3冊の出版、10年連続」「新作セミナー、毎月2回以上9年連続」
……日本一アウトプットしている医師である、ベストセラー作家・樺沢紫苑が
圧倒的に結果が変わる「アウトプット術」を大公開。

引用:amazon

感想

注意
ネタバレを含みます。

私が「アウトプット大全」を読んだ感想は、アウトプットの方法はみんな知ってる内容だと思いました。

アウトプットの方法に目新しいものはありません。

「インプット大全集」も振り返ってみれば、目新しいことは特に書いてなかったと思いました。

アウトプットの方法もインプットの方法も皆知っているけど、実際それをやるかやらないかだと思いました。

アウトプットの方法は皆知っている

おそらく、この本を読む人は、最適なアウトプット方法について知りたくて読んでる人が多いと思います。

私もそうでした。でも、読んでみると「アウトプット大全」では当たり前のことしか書いてありません。

アウトプットのやり方は皆知っているんですね。最善のアウトプットのやり方なんてありません。

結局実行に移すか、移さないかということがです。この本はその気づきを与えてくれる本だと思います。

ただ、基本的には当たり前のことですが、インプットとアウトプットの比率は結構大事な部分だと思いました。

インプットとアウトプットの効率を最大化できる比率は3:7とのことです。

インプット 3:7 アウトプットが最大効果を発揮する

どれだけ良いインプットをしてもアウトプットをしなかれば、身につかないことはあります。

それは、結局アウトプットが足りていないから脳に定着しないんですね。

私は大学受験の時、私大文系志望だったため「英・国・世」を勉強していました。

その中で、世界史の勉強は一時期、ずっと本を読むことしかしていませんでした。

この勉強をしていた結果、極端に世界史の点数が低かったです。

どれだけ、本などを読み込んでも一問一答をしなければ、脳へ定着しないんですね。

あの時、世界史の得点が低かったのは、アウトプットが足りなかったからだと今になって気づきました。w

アウトプットの方が大切

結局、大切なのはインプットよりもアウトプットが大切で、そこから気づきを得ることだと思いました。

PDCAサイクルを回し続けることが成功への近道だとこの本を読んで改めて感じました。

最後に一つ言いたいことがあります。「インプット大全」でも書きましたが、サービス勧誘がくどいです。w

筆者のサービス勧誘がくどい

アウトプットの良い方法に合わせて筆者の本の売り込みがたくさんがあります。

基本的にアウトプットの方法が書いてありますが、たびたび筆者の出版物を挟んできます。w

「詳細はこちらへ」みたいな感じで誘導します。それくらいなら当たり前ですが、回数が多すぎる。w

何回も誘導が来るため、めんどくさくなって飛ばし読みしてしまうことが後半は多くなると思います。

まあ、その勧誘がくどいことを除けば、役に立つことがたくさん書いてあるので、読んでみて損はないと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です