【実体験】ルームシェアを実際にやってみた感想!やめた方がいい注意点も紹介

当サイトは広告により収益を得ています。

こんな人にオススメの記事です!
  • ルームシェアをやろうとしている人
  • シェアハウスに入ろうとしている人
  • 同棲をしようとしている人

どうも、ゼロから始めるマンです。

2022年の8月から2024年の12月(約1年半)まで友達と2人で都内でルームシェアをしていました。

最近では、テラスハウスやユーチューバーなどがやっている影響もあってルームシェアをする人も多いです。

私もユーチューバーの「えびすじゃっぷ」の生活に憧れて友達とルームシェアをしました!

そこで今回は、実際にルームシェアをした物件と合わせて感想と注意点などを紹介していきたいと思います!

ルームシェアした物件詳細

※2LDKのイメージ

東京都内の上記画像のような2LDKでルームシェアをしていました。

詳細は下記の通りです。

家賃:約17万

広さ:約70m²

築年:約50年

構造:鉄筋コンクリート

距離:最寄りから10分程度

一人あたり光熱費など込みで9万円ほどで生活していました。

正直、ルームシェアにしては家賃などは少し高めだと思います。

結構な築年数の割には、リノベーション済みで綺麗な内装で悪くなかったです。

そして、結構な都心で駅からもそんなに遠くなく、スーパーなども近かったので結構利便性も高かったです。

ルームシェアに関しては十分すぎる物件だったと思います!

ルームシェアを実際にやってみた感想

実際にやると結構きつかったというのが率直な感想です。w

早速ネガティブな感じで申し訳ないですが、やっぱり人と住むのは結構大変だなと思いました。

というのも、人によって綺麗と感じるレベルの違いや他人と住むとなると気を遣うからです。

私は結構ソリストタイプなので、元々向いていなかった感じはあります。w

家族と住んでいても不満などがあるわけですから、まあ当然ですよね。

そういう性格なので同じ空間に人がいると、作業の生産性もかなり落ちました。

楽しいことももちろんある

とはいえ、やっぱり楽しいことも多いです!

気軽にのみにいくこともできますし、のみ会の場所などにも困らないです。

他にも友達と住むという貴重な経験をできたことも良かったです。

ルームシェアをやったからこそ、友達とより距離が縮まって一生の友達になったと思います。

喧嘩したりすることもありますが、そんな経験も今となってはいい思い出です。

きついことの方が多かったですが、やって良かったと思っています!

実際にやったからこそわかるルームシェアをする中でやめた方がいいことについて書いておきます。

今後ルームシェアをする人は参考にしてみてください。

【Evisjap】エビスジャップのTinderで返信率が高い挨拶まとめ②

ルームシェアをする中でやめた方がいい注意点

私が思うルームシェアをする中でやめた方がいいことは下記の通りです。

  • 2人以下でやること
  • 家電を持ち寄ること
  • 掃除ルールを決めること
  • 個人の部屋がないこと
  • 彼女をつくること

詳細はそれぞれ下記で説明します。

2人以下でやること

2人以下でやると、片方がノリが悪くなると一気につまらないものになります。

というのも、片方がのみに行かなくなったりしたらルームシェアのメリットがなくなります。

私のルームメイトはルームシェアを始めて半年くらいであまりのみにいかなくなりました。

それにより、ただ一人暮らしで家に人がいるみたいな感じでルームシェアの良さがなくなったように思います。

そのため、一人のモチベに左右されないように3人以上でルームシェアをすることをオススメします。

家電を持ち寄ること

家具を持ち寄ると、相手が私の持ち物を雑に扱っている時に嫌な気持ちになります。

結局、ものの所有自体は個人に依存しているため、もの壊れたら純粋に壊れた側が損するだけになるからです。

私たちは主に私が使っていた白物家電を使用していましたが、冷蔵庫を足で蹴って閉めているのを見てモヤモヤしました。

やっぱり、自分の所有物を蔑ろに扱われると悲しい気持ちになりますよね。

そのため、家電など共有するものについてはお金を出し合って購入することをオススメします。

掃除ルールを決めること

掃除ルールを決めるとルールを破ってしまった際に喧嘩する可能性が高くなります。

わざわざ喧嘩する原因をつくる必要もないですよね。

私たちは掃除ルールを決めていなかったため、掃除で喧嘩などはしなかったです。

しかし、掃除するルールを決めたりしないと共用部を掃除する人がいなくなる可能性もありますよね。

そのため、掃除をする時は日にちを決めて一緒に掃除をすることをオススメします。

個人の部屋がないこと

個人の部屋がないと、ストレスが溜まります。

人間は落ち着ける空間がないと、イライラすることも増えてしまうからです。

仕事などでリモートワークが重なった時とかに打ち合わせなどで静かな空間じゃないときついと思います。

私は個人の部屋があったため、そのようなことにはならなかったです。

しかし、もし部屋がなかったら喧嘩していたと思います。

そのため、ルームシェアをする時は各自部屋がある物件を選ぶようにしましょう。

※可能であれば同じサイズの部屋

彼女を作ること

彼女を作るとノリが悪くなります。

というのも、彼女を作ると友達と遊ぶ頻度が減る人が多いからです。

私の友達は彼女を作ったらめちゃくちゃノリが悪くなりました。

冒頭で書いた通り、こういう時にルームシェアの人数が少ないとかなりつまらなくなります。

彼女がいても友達と遊ぶのであれば問題ないと思いますが、そんな人は少ないですよね。

そのため、ルームメイトに迷惑をかけないためにも彼女などを作るのはやめた方がいいです。

まとめ

今回は、実際にルームシェアを約1年半した感想ややる上での注意点について紹介しました。

私たちが実際に住んだ主な詳細は下記の通りです。

家賃:約17万

広さ:約70m²

築年:約50年

構造:鉄筋コンクリート

距離:最寄りから10分程度

2人でのルームシェアにしては家賃高めで十分な物件でした。

実際にルームシェアした感想としては、正直あまりオススメしません。w

というのも2人でやったために相手のモチベーション依存だったためです。

ただ、友達とより仲良くなったとは思うので、やって良かったとは思っています。

実際の経験を踏まえて、ルームシェアでやめた方がいい注意点は下記の通りです。

  • 2人以下でやること
  • 家電を持ち寄ること
  • 掃除ルールを決めること
  • 個人の部屋がないこと
  • 彼女をつくること

上記を意識すれば、つまらないルームシェアにはならないと思います。

注意点について書きましたが、実際にやると新しい発見があったり、友人とより仲良くなる機会になったりするはずです。

若ければ若いほど楽しめると思うので、もしやるのであれば早めにやることをオススメします。

参考になったら幸いです。

【生産性爆上げ】一人暮らしでお金をかけた方がいいものまとめ