【2020年4月施行】同一労働同一賃金とは?働く環境はどう変わる

どうも、ゼロから始めるマンです。

同一労働同一賃金が4月から施行される大企業に勤めていました。

みなさんは同一労働同一賃金って知っていますか。

私は、同一労働同一賃金が行われるということを企業から知らされなければ何もわかりませんでした。

そこで今回は、この同一労働同一賃金について詳しく解説していきます。

こんな人にオススメの記事です。
同一労働同一賃金に興味を持っている人や既に働いている社会人の人

同一労働同一賃金とは

まず最初に同一労働同一賃金とはどのような制度なのか紹介します。

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。

同一企業内における正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消の取組を通じて、どのような雇用形態を選択しても納得が得られる処遇を受けられ、多様な働き方を自由に選択できるようにします。

●パートタイム・有期雇用労働法:大企業2020年4月1日、中小企業2021年4月1日より施行
●労働者派遣法:2020年4月1日より施行

引用:厚生労働省

簡単に言うと、派遣労働者やアルバイトが正社員と同じ待遇で働くことができる制度です。

そして、大企業では2020年の4月から施行されて、中小企業では2021年の4月から施行されてます。

同一労働同一賃金は海外では既に一般的に適用されています。

海外では同一労働同一賃金は一般的

海外では「ジョブ型雇用」と言われており、同一労働同一賃金は一般的です。

ジョブ型雇用とは役職や仕事に賃金が設定されていて、その仕事に就くためには必要なスキル、経験、資格や免許が必要です。

そのため、各々がやりたい仕事のために大学などで勉強する社会となっています。

簡単に言うと、時給の高い仕事を得るためには努力しないといけない実力社会です。

実力者会なので、年齢や性別に左右されない同一労働同一賃金が一般的になっています。

同一労働同一賃金で日本の働く環境はどう変わるのか

結論から言うと、正社員の働く環境が低下すると思います。

何故なら、同一労働同一賃金により派遣社員へのボーナス支給や福利厚生の充実が行われるからです。

派遣社員へボーナス支給や福利厚生で手当てを出すと会社の利益がなくなりますよね。

同一労働同一賃金を施行しても国からの補助はないため、会社の売り上げから削るしかありません。

となると、会社の売り上げを減らさないために福利厚生をなくしたりすることが考えられます。

残念なことに、2019年に同一労働同一賃金を先行導入した日本郵政は正社員の手当ての一部を廃止しています。

参考 日本郵政が「正社員待遇引き下げ」というパンドラの箱を開けた事情現代ビジネス

このように、同一労働同一賃金によって派遣社員の待遇は変わらず、正社員の待遇が落ちる可能性が高いです。

なぜ、海外では既に一般的になっているのに日本では上手くいかなそうなのでしょうか。

それは日本が終身雇用制度を実施しているためです。

同一労働同一賃金と終身雇用はミスマッチ

同一労働同一賃金は終身雇用とミスマッチです。

それは、同一労働同一賃金は能力に応じて賃金を上げる実力主義に適した制度だからです。

能力に見合った仕事をさせており、解雇ができるからこそ社員の生産性は雇用形態に関わらずほぼ同じになります。

しかし、日本では終身雇用のため、原則解雇ができません。

そのため、新卒で未経験者を採用して一から教育を行い、給料やボーナスも勤続年数に応じて上げていくしかありません。

しかも、途中で能力がないと判断しても解雇することができないため、窓際部署のような働かない人が生まれます。

他にも、企業は正社員より安い給料で働かせることができる派遣社員を多く雇います。

結果、日本で同一労働同一賃金を始めるとなると社員1人あたりの生産性が低く、待遇を下げざるおえません。

MEMO
人材派遣の会社が世界と比べると日本がダントツで多いのは、派遣社員の数が多く人材派遣会社がかなり儲かるからです。

日本の会社は部活動

日本は社会人になっても部活動と変わりません。

毎年、新入生が入ってきて先輩が後輩を教育します。

試合にも在籍しているメンバーで挑まないといけません。

試合に勝てないと連帯責任で皆で朝から練習したり、休日に出てきて練習させられます。

そして、周りが働いているため休みが取りづらかったり、先輩が優遇されて実力が正当に評価されなかったりします。

しかも辞めたくても他の部活に入りなおすと年下の後輩に偉そうにされるとか、一からまた教わることになるため部活を変えるのも面倒くさくなります。

このように日本の会社は部活動です。

しかし、海外の場合は、プロチームのようなものです。

海外の会社はプロチーム

監督から選手に至るまで、チームと契約して各々が与えられた仕事をこなします。

年齢などに関係なく、実力で評価され、成績が振るわない場合は契約解除、解雇されて入れ替えになる

プロの集団なので虐めとかくだらないことはせず、同等の能力を持ってチームになっているため全員で成果を挙げることに集中します。

成果さえ挙げればいいので、休みなどについても融通が効きます。

海外ドラマとかでよく仕事を抜けて子供を迎えに行くシーンなどがあるのは「契約した仕事を契約期間内にやり遂げればいい」からです

一方でそういう高い能力が無い人や競争が嫌いな人はショップの店員、公務員とか工場のライン工とか警備員とか競争がない仕事を選びます。

競争は無いけど、営業時間とかに合わせて仕事しなきゃいけないシフト制の仕事です。

でも、同一労働同一賃金なので同じ仕事なら皆同じ待遇でバイトを代わってもらう感覚で休みを代わってもらったり、同僚に頼んで早退したりできます。

このように海外ではプロチームのようになっています。

日本は終身雇用にしがみついている

日本人は終身雇用にしがみついてることが、自分たちを不幸にし続けてるのに終身雇用を辞めようとすると国民が反発するため改革が進みません。

チャレンジしない、他人に言われたことしかできないから、日本は成長が止まっています。

GDPも中国に追い抜かれましたよね。

人の入れ替えが出来ないことが日本企業の足かせになっているため、恐らくいずれ終身雇用はなくなると思います。

最近では経団連の会長や大手企業の社長などが「終身雇用はもう無理だ」と発言しています。

今はもうグローバル時代で、ネットを通じて世界中の人とやりとりができてなんでもできる時代です。

世界中の企業が競争相手になっているため、新しい商品とかサービスを思いついて実行する能力がないと稼げない時代になっています。

先輩が後輩を教えて育てるのは「職人の世界」の時代遅れの概念です。

モノづくり大国になりあがった昔のようにすでにあるものを研究し、工夫してよりよいモノにするのは日本人得意で終身雇用にマッチしていました。

しかし、現在では機械化が進んで、未経験者でもマシンを管理するだけで時給1000円以上もらえるほど効率化されてます。

これ以上稼ぐにはどうすればいいのか最後に紹介します。

これからどうすればいいのか

これからの時代は個人で稼ぐスキルを身に付けた方がいいです。

なぜなら、先ほども言った通り、年功序列や終身雇用が崩壊しつつあるからです。

年功序列や終身雇用が終了すると、スキルがない人間は転職もできなくなります。

例えば、会計ソフトが更に進化して経理の仕事が奪われたとします。

そうなると、経理が一筋でやってきた人は他の仕事が分からず、市場価値が低い人間になりますよね。

今は終身雇用だから市場価値が低くても会社に属することができますが、終身雇用が終了したら仕事に就くことが難しくなります。

そうならないためにも、今の段階から自分で稼ぐスキルを身に付けた方がいいです。

ちなみに私が日本人に必要なのは、英語などの語学力と海外マーケットに商品やサービスを売り込んでいく能力だと思います。

また、自分で稼ぐスキルがあれば会社にしがみつく必要もなくなります。

会社にしがみつく人がいなくなれば、ブラック企業もなくなります。

社員が会社にしがみつかなければ、ブラック企業はなくなる

ブラック企業問題は、正社員という立場にしがみつかないで、転職するなり辞めれば自然とそんな悪質な会社は潰れます。

現状では無能な正社員などをクビにしたくでも出来ないため、虐めとかで自分から辞めるように追い込むような理不尽な状況も生まれてしまいます。

会社やお店にしてみると、正社員が解雇できないと売上や利益追求の責任はアルバイトや派遣ではなく、正社員にいきますよね。

しかし、もしこの状況で全ての店員が同じ賃金で契約社員だったら状況は変わりますよね。

優秀な人材に役職とかきちんと与えて、店や会社にマイナスナ人材は解雇して入れ替えていけば売上も上がります。

そして、売上が上がれば、評価が上がり、皆の給料が増えて社員の満足度も上がります。

こうなったら、終身雇用を辞めると皆フリーターみたいな感じになります。

終身雇用がなくなったら、皆フリーター

仕事を複数掛け持ちしてもいいし、休みたい時は休めるし、一年間仕事をいれずに旅したりしても大丈夫です。

会社が守ってくれない社会なら、皆自分のやりたいことや好きなことでお金を得るために勉強するようになります。

友達などと起業してもいいし、失敗してもやり直せます。

働きたくない人は働かないでお金を稼ぐ方法、投資などを勉強すればいいんです。

大学に入りなおして勉強しなおしても大丈夫です。だって就職に年齢は関係ないんですから。

自分のスキルや経験を積むほどキャリアアップ、収入アップに繋がるので生き方は多様になります。

そして、会社の奴隷になることもない、生き方を変えることはいつでもできます。

その代わり、勉強しない努力しない人は、誰でも出来るような安い仕事にしか就けない社会ですけどね

海外は、働くためには勉強するというようなシンプルな制度です。

このように、世界はとてもシンプルです。

まとめ

今回は、同一労働同一賃金について紹介しました。

今の日本がこの施策を実施すると正社員の待遇が下がることが濃厚です。

それは、日本の終身雇用と同一労働同一賃金がミスマッチだからです。

しかし、同一労働同一賃金は海外では一般的な制度です。

恐らく今後日本は、海外のように終身雇用が崩壊していくと思います。

そうなったときに対応するためにも自分で稼ぐ力が必要になります。

だから、みなさんも今からそれに備えて準備をしておきましょう!

【大学生・新社会人】意識高い系には早くなっておけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です