【日本企業の衰退】優秀な人材が大企業をやめていく理由

どうも、ゼロから始めるマンです。

社会人3年目で現在3社目です。

1社目は社員数5000人ほどの企業で、2社目は社員数20人ほどで3社目は社員数3000人ほどの企業です。

経歴だけをみるとゴチャゴチャしていてインパクトのある経歴ですよね。w

ただ、3社を経験したということもあって日本企業の問題点がわかってきました。

今回はその日本企業の中でも大企業に焦点を当てて説明しようと思います。

こんな人にオススメの記事です。
これから大企業に就職しようとしている人や大企業に転職しようと思っている人

優秀な人材が大企業をやめていく理由

優秀な人材が大企業をやめる理由は主に以下の3つがあります。

  • 裁量がない
  • 年功序列
  • 働き方に柔軟性がない

詳細はそれぞれ以下で説明します。

裁量がない

大企業をやめる理由のひとつ目は裁量がないからです。

もちろん、大企業をやめる理由は上記以外にもたくさんあると思いますが、優秀な人材がやめる理由のメインはこれだと思います。

というのも、大企業の仕事って仕事が細分化されているので、誰でもできる仕事がほとんどです。

実際、ほとんどの業務にマニュアルや研修が整備されてて、ポータルサイトを見れば大体のことが分かります。

(私が経験した1社目と現在所属している3社目は、マニュアルやポータルサイトがありました。)

そのため、頭を使わなくてもできる作業ばかりで退屈です。

このように、裁量がなくて誰でもできる作業が多いため、大企業をやめる大きな理由だと思います。

年功序列

さらに、裁量がないことに加えて年功序列という部分も大きいと思います。

大企業だけでなく中小企業にも言えることですが、新卒は基本的に一律で同じ給与です。

多少の誤差はあるにしても、基本21万円前後でどれだけ頑張っても給与が変わらないのはモチベが続きません。

年功序列で全く給与が変化しない給与しないことに嫌気がさして、私はベンチャー企業に飛び込みました。

(入社3ヶ月でコロナ解雇に遭いましたが・・・w)

私は優秀というわけではありませんが、年功序列に嫌気を感じている若者も一定数いると思います。

このように、年功序列も大企業などをやめる理由のひとつです。

働き方に柔軟性がない

最後に、働き方に柔軟性がないことです。

大企業も少しずつ働き方改革の影響で変わりつつありますが、まだ改善の余地がかなりあります。

私が過去に働いた大手企業も現在働いている企業も副業が禁止です。

他にもリモートワークの導入が遅かったり、コロナ終息に伴ってリモートワークを減らしたりしています。

せっかく、リモートワーク導入でシステムを導入したのに結局、週5出社に戻す意味が分かりません。

このように、働き方の柔軟性がなく、自由な働き方を求めて大企業をやめる人も多いと思います。

優秀な人材が大企業に行く時代は終わった

上記のような理由で、優秀な人材が大手企業に行く時代は終わったと思います。

というのも、大企業だからこそ得られるメリットってかなり少なくなってきているからです。

今大企業で得られるメリットって以下の2つくらいしかないと思います。

大企業のメリット

  • 転職するときに多少有利になる
  • ローン組みやすい

詳細それぞれ以下で説明します。

転職するときに多少有利になる

大手企業だと商流の上流になることが多いので、転職で多少有利になります。

というのも、最初下流にいると上流にいくことって結構難しいです。

だから、ベンチャー企業や中小企業から大手企業に転職するのが難しいと言われています。

実際、私がリクルートエージェントさんにベンチャーから大手転職は難しいと言われました。

そして、大手に行くためには商流の上流で経験を積んでからの方がいいとのことです。

そのため、大手企業にいると年収を上げたりステップアップ転職するときに多少有利になります。

ローン組みやすい

大企業にいると、ローンが組みやすいです。

というのも、大企業のほうが社会的信用が高いからです。

やっぱりお金を貸す側からしたら、大企業のほうが安心感があります。

いつ潰れるかわからない企業に属している人より、あまり潰れる心配のない大企業に属していたほうがお金が返ってきそうですよね。

(正直、今の時代どの企業もあまり変わらないと思いますが・・・)

まあ、お金を貸す側からしたら大企業のほうが安心ということです。

そのため、大企業にいるとローンが組みやすいです。

これからはキャリアを自分自身で考えていく時代

結論、これからはキャリアをしっかりと考えていく時代です。

もう大企業だから勝ち組っていう時代は終わっているんですよね。

終身雇用も近いうちに終わりそうですし、年功序列も厳しくなってきていますよね。

そのため、キャリアは自分自身で考えていかなければ、市場価値の低い人間になってしまいます。

そうならないためにも、しっかりと自分で将来をデザインしていかなければなりません。

news picks でも取り上げられていたのですが、TOYOTAをやめた人のnoteが話題になっていました。

参考 僕はなぜトヨタの人事を3年で辞めたのかnote

これに書いてあることってTOYOTAに限らずほとんどの大企業に当てはまることだと思います。

大企業では若いうちに仕組みを変えたりすることが難しいんですよね。

今後のキャリアに悩んでいる人はフォーブス誌にも掲載されたmotoさんの「転職と副業の掛け算」を読んでみるといいと思います。

そして、noteに書いてあるとおり、サイボウズさんの働き方は本当にすごいです。

今後はサイボウズのような柔軟性がなければ衰退していくことでしょう。

大企業は柔軟性がなければ衰退していく

私はサイボウズさんのオフィスにもいったことがあるのですが、会社という感じが一切しない遊び心のある雰囲気でした。

働いているみなさんもみな生き生きして働いていました。

副業で別の会社にも勤めていたり、週3出社で週2日は自分の事業をやっていたり様々でした。

そして、サイボウズデイズという「kintone」の展示会にもいったことがあるのですが、展示会という感じではありませんでした。

堅苦しい展示会ではなく、ディズニーランドのような楽しい展示会でした。

詳しくは以前書いた記事をみていただければと思います。

cybozu days【Cybozu Days 2019】サイボウズデイズ参加してきた感想

ほかにもその中で北野唯我さんの講演会があったりして学びもありました。

今後は、このような一般的な概念を壊していくような企業が台頭してくると思います。

まとめ

今回は、優秀な人材が大企業をやめていく理由について書きました。

優秀な人材が大企業をやめていく理由は主に以下の3つです。

  • 裁量がない
  • 年功序列
  • 働き方に柔軟性がない

これらが大企業で働いているとモチベーションが低下する主な要因です。

とはいえ、大企業ならではのメリットもあります。

  • 転職するときに多少有利になる
  • ローン組みやすい

ただ、大企業にいるから得られるメリットも最近では少ないのかなと感じています。

もう大企業に入ればなんとかなるという時代は終わりつつあります。

そのため、今後は自分自身でキャリアを考えていかなければなりません。

いまやっている仕事やこれからやる仕事では成長できないと感じたときは転職したり自分にプラスになるようにしましょう!

キャリアに悩んだらキャリアスタートのエージェントに相談してみるといいです!

まずは無料で相談!【キャリアスタート】

では、よい生き方を!

cybozu days【cybozu days】キントーンアワードから学ぶ企業成長に必要なこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です