出来る人が持っている「傾聴力」とは

今回は「傾聴力」について書いていきます。

傾聴力って普段あまり聞きなれない言葉ですよね。

傾聴というと心理カウンセラーなどの人が使うスキルのように思うかもしれません。

しかし、傾聴力は多くの場面で必要とされるコミュニケーション能力です。

そのため、この能力が高いと信頼関係を構築するのが簡単になります。

今回は、この傾聴力について紹介しようと思います。

こんな人にオススメの記事です。
傾聴力について興味を持っていたり、傾聴力を身についけたい人

出来る人が持っている「傾聴力」とは

耳を傾けて熱心に話を聞く力です。簡単に言うと、相手の話を聞いている事を伝える力だと考えてください。

傾聴とはカウンセリングにおける技法で、相手の気持ちに寄り添って、共感的に「聴く」ことを意味しています。

そして、傾聴力には大きくの二つのポイントがあります。

  • 肯定
  • 共感

この二つのポイントを抑えていれば、相手は話を聞いていると感じます。

逆にこの二つのポイントを抑えていないと相手は話を聞いていないと感じてしまいます。

そのため、まずはこれらについて説明します。

肯定

まずは相手の話を否定せずに、認めます。すべてを受けいれましょう。

否定したい内容があったとしても、すぐに言うのではなく、すべてを聞いてから言いましょう。

そうすることで、相手は話をしっかり聞いたうえで意見だと捉えて、意見に耳を傾けるようになります。

共感

人の意見や感情などに合わせて同調します。

これをすることによって相手との共通意識が生まれます。

それにより、相手に仲間意識を植え付けて相手が話しやすくなります。

なぜ傾聴力は必要なのか

傾聴力が高いとコミュニケーションを円滑に進めることが出来るからです。

具他的にどのようなことが出来るかというと以下のようなことが出来ます。

  • 信頼関係が構築できる
  • 相手の考えを引き出すことが出来る
  • コミュニケーションが円滑になる

それぞれ詳細は以下で説明します。

信頼関係が構築できる

相手との信頼関係を構築することが出来ます。

なぜなら、相手の考えや気持ちを的確に読み取れるようになるからです。

相手との信頼関係を構築するためには相手の人となりや考えを理解することが重要です。

傾聴力が高いと相手の考えや気持ちを読み取れるため、良好な関係を構築することが出来ます。

コミュニケーションが円滑になる

相手とのコミュニケーションがスムーズになります。

傾聴力が高ければ、自分の話が伝わっているか、理解できているのかが分かります。

そのため、言葉のキャッチボールがスムーズになります。

相手の本音を引き出すことが出来る

相手との会話から本音を引き出すことができます。

相手の考えに寄り添って共感することで、何を考えているのかを理解することが出来るからです。

その結果、相手が求めていることが何なのか本音を知ることが出来ます。

傾聴力を高めるテクニック

傾聴力の基本が「肯定」と「共感」といっても実際何をすればよいのかわかりませんよね。

自分自身はしっかりと聞いていたのに相手には伝わっていなかったということがある人もいると思います。

そんな人のため5つのテクニックを紹介しようと思います

相槌

一番一般的な傾聴表現だと思います。

適切な相槌だけで話を聞いているという印象を与えることができます。

しかし、相槌を多用すればいいわけではなく、タイミングが重要です。

相手が同意を求めているところで相槌を打つことが大切です。

基本的には会話の間で相槌をすれば問題ありません。

表情

相手の話の内容に合わせて表情を変えることで共感を表現できます。

楽しい話なら、笑顔で話を聞いて、悲しい話なら悲しげな表情で話を聞きます

ずっと真顔でいることや悲しい話を笑顔で聞いていることも不自然です。

姿勢

相手の方を向いて、前傾姿勢でいると関心があることが伝わりやすくなります。

身体が違う方向を向いていたり、腕を組んでいたりするとマイナスなイメージを与えてしまいます。

ただ、前のめりすぎても相手が引いてしまう場合があります。

そのため、相手に合わせた適度な姿勢を見つけましょう。

アイコンタクト

目を合わせながら聞くことで親身に聞いている印象を与えることが出来ます。

しかし、長時間相手の目を見ていると攻撃的な印象を与えてしまいます。

また、別場所を見続けても「何かついているのかな」など相手に不安にさせてしまいます。

ただ、目を合わせない時間が長くても、不誠実な印象や違和感を与えてしまいます。

目を合わせたり、はずしたりする調節が難しいですが、とても効果は絶大です。

ミラーリング

相手の身振りや姿勢などを真似することで、相手に親近感を持たせたり好感を抱かせたりすることが出来ます。

例えば、相手がお酒を飲んだ時にお酒を飲むことです。

ただし、あからさまにやってしまうと、気持ち悪さを与えてしまうため、さりげなくやることが重要です。

まとめ

今回は傾聴力と簡単なテクニックについて紹介しました。

傾聴力は以下の二つが大切です。

  • 肯定
  • 共感

相手の話をただ熱心に聞いていれば良いわけではありません。

どんなに話を聞いていてもそれが相手に伝わらなければ、相手は話を聞いていないと思われてしまいます。自分が聴いていることを相手に伝えるために傾聴力が大切です。

ビジネスやプライベートでも相手を深く知るチャンスというのは何度も訪れるものではありません。

そのため、少ないチャンスでしっかりと相手に好印象を与えるためにも傾聴力は必要です。

【問題解決】現状分析をするために必要なこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です