【レビュー】iPhone8からiPhone13 miniに機種変更した感想!機能を比較!

どうも、ゼロから始めるマンです。

iPhone13 miniのミッドナイトを予約購入しました。

そして、9月29日に待ちに待ったiPhone13 miniが到着しました!

そのため、4年使ったiPhone8とお別れしました。

そこで今回はiPhone8との操作感の違いを含めてiPhone13 miniのレビューを行っていきたいと思います。

こんな人にオススメの記事です。
iPhone13 miniを購入検討している人やiPhone8からiPhone13 miniに機種変更しようとしている人

iPhone13 miniとiPhone8の比較

デザイン:ホームボタン消滅、フラットデザイン、サイズ感は変わらず

デザインの大きな変更点は大きく以下の3つです。

  • デザイン
  • カメラ
  • システム

iPhone8からiPhone13 miniへの大きな変更点はホームボタンが消滅したことです。

それに伴い、touchIDがなくなってfaceIDがメインになりました。

また、iPhone13では丸みを帯びたフォルムからフラットデザインで角ばった感じになりました。

私は角ばったデザインの方が好きなので、持ち心地はとても良いです。

最後に画面サイズは5.4インチで0.7インチ大きくなりました。

ベゼルが減ったので、画面はかなり大きく感じます。

実際、上記の画像のように同じ画像を使っていても表示部分がかなり大きくなりました。

カメラ:外カメラは1つから2つ、インカメは質の向上とノッチの減少

カメラの変更点は主に2つです。

  • 外カメラは1つから2つに変更
  • インカメは質の向上とノッチ範囲の減少

外カメラはiPhone8と比べるとカメラが2つに増えて斜めに配置されています。

超広角レンズが追加されて、撮影できる範囲がかなり増えました。

今まで頑張って距離と撮って撮影していた苦労が改善されます。

操作はカメラ画面で簡単に変更できるため、機種変更した人も操作で迷うことはないと思います。

そして、「シネマティックモード」という新しいフィルタも追加されています。

これにより、メインの被写体を除いてぼかす一眼レフカメラのような撮影が可能になります。

また、インカメは質の向上とノッチ範囲の減少大きく変わっています。

インカムには広角カメラが採用されています。

こちらも簡単に変更することができるため、切り替えが簡単です。

そして、ノッチはiPhone12と比較して20%も減少しています。

そのため、iPhone8と比較するとかなりノッチが小さく感じます。

システム:A15チップ採用

A15チップが採用されて、性能が大きく向上しています。

CPUが全部で6コアで高性能コアが2つ、高効率コアが4つ搭載されています。

iPhone8のA11チップでも同様の仕様ですが、4世代上がっているので性能は向上していることは間違いなさそうです。

実際、A15チップは他社の製品と比較して50%向上していると言われています。

もちろんGPUも向上していて、こちらは他社の製品と比較して30%向上していると言われています。

iPhone8からGPUがどのくらい向上したか詳細は分かりませんが、こちらも性能が向上しているのは間違いありません。

実際に「パズドラ」や「シャドウバース」などのゲーム、ネットサーフィンなどやってみて、体感でわかるレベルでかなりヌルヌル動くようになりました。

iPhone8からiPhone13 miniに機種変更したほうがいいのか?

結論から言うと、iPhone8のままで良いと思います。

今回、バッテリーが1日保たなくなったため機種変更をしました。

しかし、バッテリーが1日中持つのならiPhone8で十分だと思います。

理由は、touchID最強だからです。w

touchIDが最強

ロック解除時に指を当てるだけでいいというのが便利すぎます。

iPhone13 miniではfaceIDが採用されています。

ただ、faceIDだと顔を向けて画面ロック解除後に上にスワイプしないといけません。

そのため、touchIDと比べると1回動作が増えます。

これを毎回ロック解除時にやらないといけないのがかなりめんどくさいです。

確かに、iPhone13 miniはiPhone8と比較してかなり性能が向上しています。

ネットサーフィンやゲームがヌルヌルになったり、カメラ品質向上、デザインがスタイリッシュです。

しかし、このtouchIDが使えない1点でかなり不便に感じます。

だから、iPhone8から乗り換えるのはiPhone SE2でいいと思います。

機種変更するならiPhone SE2がベスト

理由はやっぱりtouchIDがついているからです。

しかも、CPUがA13なのでiPhone13 miniの1世代前のチップです。

見た目やカメラなどの他性能はiPhone8のままで処理性能が上がっています。

このように、iPhone8の上位互換機種となります。

他にもバッテリーの向上など発売から4年経ったiPhone8の弱点を補えます。

流石に4年経つと充電が1日中持たなくなります。

私は半日で充電切れになるようになってしまっていました。

しかも、金額も安価ですし最近では機種変更で1円と投げ売りされています。

そのため、機種変更するならiPhone SE2がベストだと思います。

機種変更をしないならバッテリー交換がオススメ

touchIDが搭載されると噂されているiPhone14を待つなど、機種変更をしないならバッテリー交換がオススメです。

iPhone8は発売から4年経ったため、充電が1日保たなくなっていると思います。(私がそうでした。w)

それを解消するためにバッテリー交換がいいと思います。

正直、バッテリーが1日中もてばiPhone8でスペック的には十分です。

バッテリー交換にはお店に依頼するか自分で対応するかです。

お店だとApple Storeや非公式店など数多くあります。

Apple Storeでバッテリー交換すると高額になりますが、非公式店だと安価に交換することができます。

さらに安価にバッテリー交換をしたい場合は自分で修理するといいです。

ただ、非公式店や自分で修理する場合は、今後Appleの保証を受けることができなくなります。

最近では、amazonなどでも修理キットが安価で売っています。

修理マニュアルや動画もあるため、簡単に修理することができます。

このように修理も今は安価に済ますこともできるため、機種変更をしないのであればバッテリー交換がオススメです。

おまけ:iPhone13 miniを買った人向けオススメ商品

iPhone13 miniを買った人向けに実際に使っているオススメのアイテムを紹介します。

私が実際に使って良かったものは以下の2つです。

詳細はそれぞれ以下で説明します。

アンチグレア強化ガラスフィルム

iPhone13 mini用のガラスフィルムです。

1,000円以下でアンチグレア加工、そして頑丈というオススメのガラスフィルムです。

アンチグレア加工が施されているため、画面に指紋がつかなくて触りごごちも最高です。

迷ったらこのガラスフィルムを買って間違いないです!

アンチグレアクリアケース

iPhone13 mini用のクリアケースです。

クリアケースはたくさんありますが、安いと傷がつきやすいなどボロボロになりがちですよね。

でもこの商品は角が少しだけ出っ張っているため、裏側はに傷がつきにくいです。

しかも、裏側にアンチグレア加工が施されており、指紋がつきません。

触り心地も最高です!今までで使用したクリアケースの中で一番いいです。

普段クリアケースを使っている人は騙されたと思って一度使ってみてください!

まとめ

今回は、iPhone8からiPhone13 miniに機種変更した感想について紹介しました。

iPhone13 miniはiPhone8と比較してかなり大きく変化しました。

デザインはもちろん、性能など大幅にグレードアップしています。

ただ、実際にiPhone13 miniを使用してみるとiPhone8から無理して機種変更する意味はないように感じました。

理由はtouchIDが最強に便利だからです。

そのため、機種変更をするのであればiPhone SE2がいいと思います。

機種変更をしないのであれば、iPhone 8で十分だと思います。

もし、バッテリーが寿命で稼働時間が短いのであれば、バッテリー交換がオススメです。

最近は個人でも修理が簡単にできるので、安価に行うことができます。

ぜひ、やってみてください!

arctis5【レビュー】SteelSeries Arctis5 の使用感やマイク性能について紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です