【APEX】ゲーム実況用オリジナルオーバーレイの作成方法を紹介!

どうも、ゼロから始めるマンです。

「エーペックス」などのゲーム実況を行っています。

ゲーム実況ってたくさんの人が今の時代プレイしていますよね。

そんなたくさんいる配信の中ではプレイやトークで差別化するしかないです。

でもプレイやトークで差別化するのは結構難しいです。

しかし、オーバーレイを使用すれば、ほかの配信者と簡単に差別化することができます。

ということで今回は「エーペックス」のオーバーレイの作成方法を紹介しようと思います。

こんな人にオススメの記事です。
「エーペックス」のオーバーレイを作成しようとしている人やゲーム実況をしようとしている人

必要なもの

今回は冒頭でも書いた通り、ゲーム「APEX LEGENDS」のオーバーレイを作成します。

オーバーレイを作成に必要なものは以下の通りです。

  • ゲームのスクリーンショット
  • 画像編集ソフト

たったこれだけで簡単にオリジナルオーバーレイを作成することができます。

それでは作り方を紹介していきます。

MEMO
今回は画像編集ソフトはPhotoshopを使用します。

作り方

おおまかな手順は以下の通りです。

手順1
型の作成
画像編集ソフトを利用してスクリーンショットから型を作成します。
手順2
型を加工する
作成した型に画像やテキストを加えて加工していきます。
手順3
ファイルの書き出しを行う
ファイルを透過素材として書き出しを行います。

詳細はそれぞれ以下で説明します。

型の作成

手順1

最初に用意したゲームのスクリーンショットを画像編集ソフトに取り込みます。

手順2

取り込んだら、「シェイプ」を使用して型を取りたい部分を黒塗りします。

手順3

続いて切りぬきたい部分を「シェイプ」で黒塗りします。

手順4

手順2でシェイプした型に手順3でシェイプした部分を切り取ります。

MEMO
手順3で作成したシェイプをコピーして手順2のシェイプに張り付けて「全面シェイプを削除」を選択する

手順5

切り抜きが必要な部分をすべて手順3~4を繰り返して必要箇所を切り取ったら型の完成です。

型を加工する

手順1

型さえ作ってしまえばあとは簡単です。

追加したい画像やテキストを追加して仕上げていきます。

ファイルの書き出しを行う

デザインが完成したら「png」形式で書き出しを行います。

無事書き出しが完了したら完成です!

 

アニメーションのオーバーレイがほしい人は

「アフターエフェクト」などのグラフィックモーションツールを使いましょう!

そうすれば、動くオーバーレイを作成することができます!

ただ、グラフィックモーションツールは無料だとエフェクトの種類などが非常にすくないです。

そのため、いい作品を作成するとなるとかなりの時間がかかります。

また、自分で作るのがめんどくさいという人は私が代行して作ることも可能です。

ゼロから始めるマンにアニメーションオーバーレイを依頼する

私は「ココナラ」でサービスを展開しているため、もしよかったら私に依頼してください!

3,000円という破格の値段で商品を出しています!

そのため、自分で作るのがめんどくさい人や安価で高いクオリティの作成が欲しい人にオススメです。

是非私に依頼してください!

まとめ

今回は、「APEX」のゲーム実況用オリジナルオーバーレイの作成方法を紹介しました。

作成に必要なものは以下の通りです。

  • ゲームのスクリーンショット
  • 画像編集ソフト

そして、作り方は大まかにこんな感じです。

手順1
型の作成
画像編集ソフトを利用してスクリーンショットから型を作成します。
手順2
型を加工する
作成した型に画像やテキストを加えて加工していきます。
手順3
ファイルの書き出しを行う
ファイルを透過素材として書き出しを行います。

この方法を活用すればアニメーションのオーバーレイを作成することも可能です。

アニメーションのオーバーレイを作成するためには、グラフィックモーションツールが必要です。

ただ、グラフィックモーションツールは無料のものだと作成が難しいです。

そのため、作成するのが面倒という人や安価で高品質なものが欲しいという人は「ココナラ」などでサービスで代理で作成してもらったほうがいいです。

私もサービスを3,000円で提供しているため、もしよかったら私に依頼してください!

ゲーム実況用アニメーションオーバーレイを作成します ゲーム実況画面で大きく差をつけるチャンスです!

【Youtube】ゲーム実況に向いている人の特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です