MENU

プロフィール

ゼロから始めるマン

新卒サラリーマンであり、ギャンブラーであり、ファッショニスタであり、Youtuberです。

【ガス代不要】OpenSeaでNFTを無料で出品する方法

当サイトは広告により収益を得ています。

こんな人にオススメの記事です!
  • OpenSea(オープンシー)でNFTを出品したい人
  • これからNFTを出品検討している人
  • ガス代を節約したい人

NFTアートを出品する際にどうしても気になるのが、ガス代ですよね。。。

作品を出品するだけでもガス代がかかってしまうため、売れなければ赤字になってしまいます。

しかし、OpenSeaではガス代をかけずに出品する方法もあります。

そこで今回は、OpenSeaでNFTを無料で出品する方法について紹介します。

OpenSeaでNFTを無料で出品する方法

無料で出品する方法はNFT作成時にブロックチェーンを「Polygon(ポリゴン)」で出品するだけです。

そうすることでイーサリアムであれば、ガス代が掛かるところを無料で出品することができます。

なぜガス代が無料になるのか

では、なぜガス代がかからないのかというとPolygonではメインのブロックチェーン以外で取引を実行するためです。

イーサリアムが利用者増加によってガス代が高騰したことによってこの課題を解決するためにpolygonが作成されました。

そのため、ガス代かけずにNFTを出品することができます。

ということで早速OpenSeaで無料で出品する具体的な方法について紹介していきます。

販売から売却までの流れ

注意

ここではOpenSeaへの登録を前提に説明しているため、OpenSeaに登録が完了していない場合はメタマスクのインストールが必要になります。

簡単に流れを紹介すると下記の通りです。

OpenSeaにNFTを登録する

自分自身の作成したNFTを出品時にブロックチェーン「Polygon」を選択して出品します。

登録したNFTを出品する

STEP.1で登録したNFTに価格を設定して出品します。

出品したNFTが売れる

STEP.2で設定した価格で購入されたらメタマスクに手数料などが差し引かれた金額が入金されます。

詳細はそれぞれ下記で説明します。

OpenSeaにNFTを登録する

まずは、OpenSeaにアクセスしてログインします。

TOPページに移動すると「Explore」と「Create」があるため、 「Create」 クリックします。

「Create」をクリックすると下記ページに移動するため、必要な項目を入力します。

入力項目

Image, Video, Audio, or 3D Model(必須)アップロードするNFTのファイルを選択
Name(必須)NFTの名前
External link関連の外部リンクがある場合にURLを入力
DescriptionNFTの説明
CollectionOpenSeaにコレクションがある場合は選択
Blockchain出品に使用するブロックチェーンを選択

最低限「Image, Video, Audio, or 3D Model」と「Name」を入力します。

そして、 Blockchainを「Polygon」に変更します。

注意

Blockchainを「Polygon」に変更しないと、出品時にガス代が発生してしまいます。

※デフォルトでは「Ethereum(イーサリアム)」になっています。

すべて入力したら「Create」をクリックしてNFTを登録します。

登録したNFTを出品する

登録が完了したら下記のような画面に移動するため、右上にある「Sell」をクリックします。

「Sell」をクリックすると、下記のような2つの出品設定をする画面が表示されます。

出品設定

PriceNFTの値段
DurationNFTを出品する期間(1日、3日、1週間、1ヵ月から選択)

両方の設定を入力して「Complete listing」を選択する下記の確認画面が立ち上がります。

「Sign」を押すとメタマスクが起動するため、署名をクリックします。

これで出品は完了です!

画像をみていただいてわかる通り、0 ETHで出品することができました!

出品したNFTが売れる

出品したNFTが売れるとメタマスクに出品した金額から手数料が引かれた金額が入金されます。

ただ、Polygonで出品した場合はイーサリアムに交換したりした際に移行手続きなどが必要なので注意しましょう!

とりえあず、基本的なNFTの出品から売却の流れは以上となります。

Polygon で出品するデメリット

デメリットは主に以下の2つがあります。

  • 市場がまだ小さい
  • 購入ハードルが高い

詳細はそれぞれ以下で説明します。

市場がまだ小さい

Polygonはイーサリアムと比べるとまだ市場が小さいです。

というのもPolygonは後発のため、利用しているユーザーが少ないです。

また、Polygonは出品料がないため、ガス代でマイナスにならない低額作品が多いです。

そういったこともあり、大金を持っている人はあまりPolygonのマーケットをみない人も多いです。

そのため、市場がまだ小さく、発展途上のマーケットとなっています。

購入ハードルが高い

作品購入時にイーサリアムからPolygonに移し替える必要があります。

そのため、イーサリアムのマーケットと比べて購入ハードルが高いです。

具体的に言うと、Polygon(Maticネットワーク)をMetamaskに追加し、ブリッジしないといけません。

つまり、初期設定のメタマスクではPolygonマーケットの作品を購入することができません。

このように、購入のためにはひと手間挟まないといけないため、購入ハードルが高いです。

まとめ

今回は、OpenSeaでNFTを無料で出品する方法について紹介しました。

OpenSeaでNFTを無料で出品する方法は、Polygonを使用することです。

そして、Polygonで出品する大まかな流れは下記の通りです。

OpenSeaにNFTを登録する

自分自身の作成したNFTを出品時にブロックチェーン「Polygon」を選択して出品します。

登録したNFTを出品する

STEP.1で登録したNFTに価格を設定して出品します。

出品したNFTが売れる

STEP.2で設定した価格で購入されたらメタマスクに手数料などが差し引かれた金額が入金されます。

ただ、Polygonを使用するデメリットもあります。

デメリットは主に下記の2つです。

  • 市場がまだ小さい
  • 購入ハードルが高い

とはいえ、ガス代が無料になるメリットはかなり大きいです。

そのため、最初はPolygonで参入して稼ぎがでてきたらイーサリアムに移行するのがベストだと思います。

皆さんもまだ参入者が少ないNFTマーケットに参入しちゃいましょう!

【PEGAXY】今話題のペガクシーとは?稼ぎ方を紹介!
Instagram
YouTube
Twitter
SHARE