【Mildom】ミルダム公認配信者になる方法!新ランキング制度とは?

どうも、ゼロから始めるマンです。

動画配信プラットフォームのミルダムでゲーム実況をライブ配信しています。

今回、ミルダム公認配信者になる方法として、新しいランキング制度が実装されました。

そこで今回は、ミルダム公認配信者になる方法である新しいランキング制度について紹介します。

こんな人にオススメの記事です。
ゲームを仕事にしたい人やミルダムで公認配信者になりたい人

新しいランキング制度とは

Mildomの公式サイトで「新ランキング制度リリースのお知らせ」が2020年1月19日に発表されました。

その内容は以下の通りです。

初めまして、MILDOM事業責任者の長瀬です。

来月からの「L1ランキング」「L2ランキング(旧”配信ランキング”)」導入にあたって、
MILDOM がどんな世界を目指しているのかお伝えします。
これは、ランキングを導入した理由と深く関係しています。
今、ゲーム配信は多くの人々を楽しませる「エンターテインメント」として急速に成長しています。

MILDOMのようなプラットフォームの誕生と成長によって、
”クリエイティブな才能を活かせる環境”も整い始めています。
好きな俳優のドラマを観たり好きな歌手のコンサートへ行くように人気配信者のゲームプレイを楽しむ、そんなコンテンツになっていくはずです。

ただ、そんな世界の実現には、まだまだ人気配信者という”スター”が足りません。

もっと多くの才能を発掘し「公認配信者」として支援、育てていき、
少しでも早く理想とする世界を実現する。
それが今回ランキングを導入した理由です。

今回のランキングには、大きく2つの特徴があります。
まず1つ目の特徴は”L1ランキングの上位者を公認配信者として契約する”こと
2つ目の特徴は”ゲーム配信を仕事にしようキャンペーンで500円の任務配信契約を結んだ方も、L1ランキングの順位によっては権限がなくなる”ことです。

上下共に入れ替えを行うことで、常に”今人気のある配信者”が「公認配信者」を目指せる仕組みにしました。

MILDOMサポートへは、日々”どうすれば「公認配信者」になれるか教えて欲しい”という声が届いています。

内部の基準は公表できないと謝るしかなかったわけですが、本来、誰の配信を応援したいかはユーザーのみなさんに委ねるべきものです。

ランキング上位という”多くのユーザーを楽しませ愛され、指示された配信者”を「公認配信者」として支援いたします。
才能ある新しいクリエイターと出会い、支援できることを楽しみにしています。

引用:ミルダム公式サイト

長いので大まかな概要をお伝えすると以下の3つがあります。

概要

  • L1ランキングは「報酬権限をもっている配信者」による熱い戦いにする
  • ランキング結果より「報酬金額UP」や「公認配信者へのランクUP」などが手に入る。
  • L2ランキングからL1ランキングへのランクUPルートが用意される

つまり、サッカーのJリーグのようにリーグの順位が高いと昇格して、順位が低いと降格するという仕組みです。

J1に行くと、広告料がもらえるようなものだと思ってください。

これにより、配信者は配信をしなければ報酬権限も剥奪されてしまうリスクを背負うようになりました。

ただ、これにより以前、ミルダムの審査に落ちてしまった人も配信者権限をもらうことができます。

【Mildom】ミルダムの応募審査結果についてまとめ

誰でも配信者になれるチャンスがある

新ランキング制度の導入により、誰でも配信者になれるチャンスがあります。

前回の「ゲームを仕事にしようキャンペーン」で落ちた人もそのチャンスを逃した人も誰でも対象です。

そして、このキャンペーンはずっと続きます。

つまり、継続して配信を続けて少しずつ人気を得ていれば報酬をもらうことができます。

このように誰でも配信者になれるチャンスがあります。

残念なことに逆に言えば、配信を続けていないと報酬をもらえる権限がなくなってしまうということもあります。

報酬をもらえる権限が剥奪される可能性がある

配信を続けなければ、報酬がなくなるのは仕方ないことだと思います。

SNSをみると「権限が剥奪されるのはおかしい」と批判的な意見も多く見かけました。

でも、報酬がもらえるということは仕事で責任が伴うということです。

つまり、配信を継続して続けることは当たり前なんですよね。

アルバイトや仕事をやっている人はわかると思いますが、バイトや社員の気分でお金がもらえるのはおかしいですよね。

しっかりと決まった時間に出社して、決められた仕事を行って時給が発生します。

つまり、このミルダムで報酬がもらえるのもアルバイトのようなものです。

ミルダムでの配信は仕事と同じ

報酬の権利を配布する時も「ゲームを仕事にしようキャンペーン」でしたよね。

だから、配信者が配信することは仕事としてやって当たり前のことなんです。

ミルダムも企業なので利益を上げなければいけません。

そこに気分で配信して、人気もない人にお金を払うのは広告費を捨てているようなものです。

この新しいランキング制度で仕事をサボっている配信者をあぶり出すための施策とも言えます。

そのため、配信を続けなければ報酬の権利を剥奪されるのは当たり前のことです。

上記を読んでまだゲームを仕事にしたいと思った人はミルダムで配信をしましょう!

ミルダムでゲーム配信を始めよう!

ゲームを仕事にしたいと思ったら、すぐにミルダムで配信を始めましょう!

ミルダムはスマホゲームであれば、機材の準備が必要ありません。

公式アプリをダウンロードすることですぐに配信をすることができます。

ただ、家庭用ゲームの配信をする際には「キャプチャボード」が必要になります。

私は「AVerMedia Live Gamer HD 2 C988」を使用しています。

内蔵型ではない方が良い方は「GC550」がオススメです。

キャプチャーボードをどれにするか悩んだら参考にしてみてください!

オススメのキャプチャーボード

まとめ

今回は、ミルダム公認配信者になる方法である新しいランキング制度について紹介しました。

新しいランキング制度の主な概要は以下の通りです。

  • L1ランキングは「報酬権限をもっている配信者」による熱い戦いにする
  • ランキング結果より「報酬金額UP」や「公認配信者へのランクUP」などが手に入る。
  • L2ランキングからL1ランキングへのランクUPルートが用意される

つまり、サッカーのJリーグのように報酬権限がもらえるようになる昇格する人と権限が剥奪される降格する人が生まれます。

これにより、誰でも配信者になれるチャンスがあるということです。

ただ、これは権限をもっていても仕事をしっかりとこなしていない人をあぶり出すことも意味しています。

ゲームでも、お金が発生することで配信者には責任が伴います。

だから、責任を果たしていない人が報酬権限を剥奪されるのは仕方がないと思います。

それでも、ゲームを仕事にしたいと思う人はミルダムで配信を続けて権限をゲットしましょう!

ここまで読んで、仕事にしたいと思う覚悟があれば結果は後からついてくると思います。

また、ゼロから始めるマンで登録したので、もしよかったらフォローお願いします。

オススメのキャプチャーボード

【Youtube】ゲーム実況にオススメのヘッドセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です