【Mildom】Cygamesタイトルの投稿および配信が禁止に

どうも、ゼロから始めるマンです。

ミルダムで実際にゲーム配信を行ったりしています。

今回、ミルダムでサイゲームズのタイトルが配信禁止になりました。

そこで、今回はサイゲームズのゲームタイトル配信が禁止になったことの詳細について書いていきます。

こんな人にオススメの記事です。
ミルダムでゲーム配信をしているやミルダムについて興味を持っている人

Cygamesタイトルの投稿および配信が禁止に

Cygamesは2020年3月13日にミルダムのプラットフォームでCygamesのゲームタイトルを配信することを禁止しました。

Cygamesの公式サイトにて以下のように発表されました。

株式会社DouYu Japanの運営するライブ配信プラットフォーム「Mildom」において、かねてより「Mildom」内の利用規約・配信者規約に基づき、当社が提供するゲームタイトルに関する利用許諾が正式になされぬままコンテンツが投稿されている問題が確認されておりました。

これを受け、当社と株式会社DouYu Japanとで協議を続けてまいりましたが、双方協議の結果、この度当社コンテンツを使った投稿・配信を「Mildom」内で禁止するとともに、投稿済みのアーカイブ動画についても、順次DouYu Japan社により削除対応を実施していくこととなりましたのでお知らせいたします。

引用:Cygames公式

Cygamesは以前から、これらのタイトルについての正式な利用許諾がないままコンテンツが投稿されていることを問題視していたとのことです。

そして今回、DouYu Japanとの協議の結果、このような措置に至ったとしています。

ミルダムの公式サイトにも詳細は書かれているのでCygamesの公式サイトと合わせてご確認下さい。

Twitterでも以下のように告知されています。

また、対象となるゲームタイトルは「グランブルーファンタジー」「神撃のバハムート」など人気ゲーム6タイトルです。

対象ゲームの詳細は以下で紹介します。

配信禁止対象ゲームタイトル

  • グランブルーファンタジー
  • グランブルーファンタジー ヴァーサス
  • 神撃のバハムート
  • プリンセスコネクト!Re:Dive
  • Shadowverse
  • ワールドフリッパー

上記の通り、Cygamesを代表するゲームタイトルが禁止されました。

ミルダムで上記のゲームを配信するプロゲーマーなどもいると思うので、そのプロゲーマーの契約がどうなるかも気になりますね。

他にも、ミルダムで配信者認定されたユーザーが上記のゲームを配信していた人がどうするかも気になりますね。

プロゲーマーをはじめとしたこれからの配信者の動向に注目です。

今後、他のゲームが禁止になる可能性はあるのか

今後他のゲームタイトルが禁止になる可能性は十分あると思います。

というのも、今回のCygamesが配信に関して声明を出したことによって他の企業も声明を出す可能性があると思うからです。

今までゲーム配信は著作権問題などかなりグレーな部分が多かったです。

配信は今までグレーな部分が多かった

サムネイルに配信者はゲームのタイトルロゴを無断使用している人も多いと思います。

ゲーム配信などジャンルを問わずにロゴなどを使用している人いますよね。

実際、instagramなどをSNSをみても勝手に企業ロゴを使用したり、漫画の画像を転載している人とか多いです。

私もユーチューブのサムネイルに一部ロゴなど無断で使用しているものもあります。

このような、ロゴなどの著作権問題など今まではグレーな部分が多かったです。

しかし、今回のCygamesのミルダムについて声明を出したため他の企業も何かしら動きがあるかもしれません。

これから配信業界は大きな変化を迎えるかもしれない

今回の出来事でこれから配信業界は大きな変化を迎えるかもしれません。

どんなことが起きるのかというと、配信できるゲームが配信プラットフォームで異なるようになるかもしれません。

配信できるゲームがプラットフォームで異なる

今、配信プラットフォームは以下のようなものがあります。

  • Youtube
  • twitch
  • mixer
  • mildom
  • nimoTV

これらの企業がゲームの著作権にお金を払って配信権利を買うような時代になる可能性があります。

例えば、「Fortnite(フォートナイト)」はユーチューブ限定などのようなことです。

サッカーなどのスポーツの配信でも配信の権利を買っているので、プラットフォームごとに観れる試合が違いますよね。

サッカーの最高峰である「チャンピオンズリーグ」はDAZN限定ですし、イタリアサッカーリーグ「セリエA」はスカパー限定です。

このようにゲーム配信も企業ごとにゲーム配信の権利を買うような将来が来るかもしれません。

まとめ

今回は、配信プラットフォーム「ミルダム」でCygamesタイトルの投稿および配信が禁止になったことについて紹介しました。

ミルダムで配信できなくなるゲームは以下の6タイトルです。

  • グランブルーファンタジー
  • グランブルーファンタジー ヴァーサス
  • 神撃のバハムート
  • プリンセスコネクト!Re:Dive
  • Shadowverse
  • ワールドフリッパー

ただ、今後Cygamesがこのような声明を出したことによって他の企業も何かしら声明を出すかもしれません。

そして、他のゲームタイトルも禁止になる可能性は十分あると思います。

というのも、今までは配信においては著作権問題などグレーな部分が多かったので、今回がきっかけになるかもしれません。

考えられる未来としては、配信できるゲームが配信プラットフォームごとに異なる可能性があります。

簡単にいうと、スポーツのように配信の権利を配信プラットフォームが買う形になると思います。

今回のミルダムとCygamesの件で配信業界が大きく変わる可能性があります。

配信者の人はプラットフォームには逆らえないので、プラットフォームの動向には目を向けましょう。

【Mildom】ミルダムの応募審査結果についてまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です