【2021年話題】ヘッドレスCMSとは?メリットやデメリットについて解説

どうも、ゼロから始めるマンです。

副業でウェブ制作などを行っています。

私は普段WordPressでウェブ制作を行っているのですが、最近は「ヘッドレスCSM」流行りつつあるそうです。

そこで今回はその「ヘッドレスCMS」がどのようなものなのか紹介していこうと思います。

こんな人にオススメの記事です。
ウェブ制作の技術を身に着けたい人やヘッドレスCMSに興味を持っている人

ヘッドレスCMSとは

ヘッドレスCMSとは、ビューがないCMSです。

ただビューがないCMSってどういうことって感じですよね。

そのためにはまず、CMSについて理解する必要があります。

CMSとは「Content Management System」の略で、英語の意味通りにコンテンツ管理システムを示しています。

その従来のCMSはコンテンツを入稿するシステムとコンテンツを表示するビューが合わさったものでした。

例を出すと、WordPressが代表的でテーマによるテンプレートがあって以下のようにコンテンツ管理と見た目を一括管理することができます。

しかし、ヘッドレスCMSの場合はビューがないため、内容を管理するバックエンドの機能だけを持っています。

そのため、見た目を決めるテーマやCSSなどは持っていません。

ではヘッドレスCMSの場合、ビューはどうするのかというと、APIを用いて必要なコンテンツを取得して表示させます。

ヘッドレスCMSでは、すべてのコンテンツをAPIから取得します。

それらをAPIで表示してその組み合わせてサイトをデザインしていきます。

このように、ビューがなく、内容を管理するバックエンドの機能だけを持っているのが「ヘッドレスCMS」です。

次はメリットとデメリットについて紹介していきます。

メリット

ヘッドレスCMSのメリットは主に以下の3つです。

  • フロントエンドの自由度が高い
  • マルチデバイスに対応できる

詳細は以下で説明します。

フロントエンドの自由度が高い

デザインやレイアウトが固定されないことで、フロントエンドの自由度が高くなります。

WordPressの場合、「固定ページ」と「記事」としてWordpress上で管理する必要がありました。

ヘッドレスCMSなら、必要なところだけでCMSを使い、他のページはCMSの制約なく制作することが可能です。

具体的には、「固定ページ」や「記事」のテンプレートがなくなって必要な部分をAPIで呼び出せばいいため、カラムなどの概念がなくなります。

このように、プラットフォームや技術も自由自在です。

マルチデバイスに対応できる

コンテンツをWebやiOSアプリ、Androidアプリなど複数のデバイスに表示することができます。

現状、アプリだとアプリ内で専用のブラウザをアプリ上で開いて表示しています。

例えば、パズドラとかでお知らせを開くときに公式サイトにアプリ上でアクセスしますよね。

それにより、ロードに少し時間がかかったり、スムーズに画面遷移しなかったりします。

しかし、ヘッドレスCMSの場合はAPI経由でコンテンツを取得するため、本来の状態で表示することが可能です。

このように、マルチデバイスにスムーズに対応することができます。

デメリット

ヘッドレスCMSのデメリットは主にひとつで「技術的難易度が高い」ということです。

あらゆることがスムーズ対応できるようになった分、それを扱うためには技術力が必要になります。

技術難易度が高い

具体的にいうと、プレビューなどの機能が備わっていません。

そのため、プレビュー表示などを行う場合は自分自身で作成しなければなりません。

ほかにもすべてAPI経由で取得するため、HTMLはもちろん、JavaScriptなど様々な言語を必要とします。

また、完璧に使いこなすとなると、フレームワークなどを理解していないと難しいです。

このように、可能性は無限大ですがその分、技術難易度が高いです。

ヘッドレスCMS 一覧

ここまででヘッドレスCMSについて紹介してきました。

次は実際、どのようなヘッドレスCMSがあるのかいくつか紹介しようと思います。

今回は以下3つのヘッドレスCMSを紹介します。

  • Contentful
  • MicroCMS
  • GraphCMS

詳細それぞれ以下で説明します。

Contentful

SpotfiyやWeWorkも使っている有名なヘッドレスCMSです。

かなり多くのウェブサービスなどで活用されています。

そのため、調べると簡単に欲しい情報にたどり着くことができます。

しかし、今のところ日本語に対応していません。

MicroCMS

日本製のヘッドレスCMSです。

日本製のため、日本語で操作することができます。

そして、日本国内の大企業でも使用されており、実績もあります。

しかし、まだ実装されていない機能などがあり、今後のアップデートに期待です。

無料でも使用することができるため、初めて使ってみる分にはいいかもしれません。

GraphCMS

Facebookが開発したヘッドレスCMSです。

WebAPIであるGraphQLの活用に特化しています。

フィルターオプションやバッチ処理などが豊富で充実しています。

しかし、動画などのバイナリーデータと相性が悪いため、複雑な設計には向いていません。

これから流行るヘッドレスCMSを使いこなすために

ヘッドレスCMSを使いこなすために必要になるのは「WEBデザイン」です。

APIですべてのページをつくっていくため、自由度の高いデザインが可能になるからです。

現状、ブログなどを見ても「SANGO」や「JIN」といったテーマを使用している人が多いですよね。

しかし、だんだんヘッドレスCMSがはやり始めると企業などでWEBデザインができるフロントエンジニアが重宝されると思います。

そのため、「WEBデザイン」を学んでおくことがいいと思います。

WEBデザインを学ぶならTECH CAMPがオススメ


「TECH CAMP」はユーチューバーのマコなり社長が提供しているサービスなので安心です。

受講期間中はいつでもメンター(講師)に質問ができて、1人1人の目的達成のためにトレーナーが徹底的にサポートします。

そして、オンラインでも受講が可能です。

そのため、WEBデザインを学びたい人にはうってつけのサービスとなっています。

これから市場価値を圧倒的に上げたい人はとりあえず「TECH CAMP」に入会してみることをオススメします。

まとめ

今回は今話題のヘッドレスCMSについて解説しました。

ヘッドレスCMSとは、ビューがないCMSです。

ヘッドレスCMSのデメリットは以下の通りです。

  • フロントエンドの自由度が高い
  • マルチデバイスに対応できる

反対にデメリットは「技術難易度が高い」ということです。

そして、話題のヘッドレスCMSは以下のようなものがあります。

  • Contentful
  • MicroCMS
  • GraphCMS

これからこれらのヘッドレスCMSを使いこなすために必要なスキルは「WEBデザイン」です。

WEBデザインを学ぶならTECH CAMPがオススメです。

是非学んでみてください。

【新社会人向け】スキルアップのために今すぐにやるべき行動TOP3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です