【Final Cut Pro X】最低限覚えたいショートカットキー一覧

今回は動画編集ソフト「Final Cut Pro X」で最低限覚えたいショートカットキー一覧について紹介します。

最近、ファイナルカットプロを購入したのですが、最初は操作がとても難しいです。

私は全然わからなくて、ある程度の操作を覚えるまでかなり時間がかかりました。

少しずつ慣れて、ショートカットキーを覚えると、作業効率がとても上がりました。

そこで、私が「使用頻度高いなと思ったショートカットキーを紹介します。

最低限覚えたいショートカットキー一覧

「Final Cut Pro X」初心者の私が動画編集をしてみて、最低限覚えたいショートカットを紹介します。

最低限覚えたいショートカットキー一覧

コマンドアクション
A「選択」ツールに切り替え
B「ブレード」ツールに切り替え
J映像の巻き戻し
K映像の停止
L映像の早送り
,(カンマ)選択したクリップを左へ1フレーム移動
.(ピリオド)選択したクリップを右へ1フレーム移動
再生ヘッドをクリップの先頭に移動
再生ヘッドをクリップの後方に移動
再生ヘッドを1フレーム前方に移動
再生ヘッドを1フレーム後方に移動
Space再生・一時停止
Delete選択しているクリップを削除
Command + B再生ヘッドの選択しているクリップをカット
Shift + Command + B再生ヘッドのクリップすべてをカット
Command + Z変更を取り消す
Shift + Command + Z変更をやり直す
Option + Command + Cエフェクトをコピー
Option + Command + Vエフェクトをペースト
Command + Cコピー
Command + V再生ヘッドの位置でペーストを挿入
Option + F再生ヘッドの位置で静止画を作成

そもそもショートカットキーとは

ショートカットキーとは、キーボード上の複数のキーを組み合わせて押すことで、ソフトウェアの特定の機能を実行することができる操作のことです

例えば、WindowsのPCでコピー&ペーストをする場合、右クリックして、「コピー」と「貼り付け」をしなければなりません。

しかし、以下のキーボードの組み合わせを押すことで簡単にコピー&ペーストができます。

  • Ctrl + C(コピー)
  • Ctrl + V(貼り付け)

このような、一連の動作をキーボードで簡単に行うことができるのが、ショートカットキーです。

ショートカットキーと覚えると作業効率が上がる

上記でよくよく使用する最低限覚えたいショートカットキーを紹介しました。

ショートカットキーを覚えるのは大変ですが、覚えると作業効率が上がるため、覚えたほうがいいです。

ショートカットキーの覚え方

私が行っているショートカットキーの覚え方は以下のような感じで覚えています。

STEP.1
動画編集してみる
実際に編集ソフトを使用して、動画編集を行います。
STEP.2
ショートカットキーを調べる
動画編集の作業を行う際に、ショートカットキーがあるか公式サイトで調べる
STEP.3
ショートカットキーを使用する
調べたショートカットキーを実際に使用してみる

実際に動作を行いながら、ショートカットキーを使用することで覚えやすいように思います。

「アウトプット大全」でもインプットとアウトプットは3:7が一番記憶に残りやすいと書いてありました。

そのため、アウトプット多めで行ったほうがいいと思います。

しかも、ショートカットキーだけを淡々と覚えるのは苦痛です。

ショートカットキーが覚えられないという人は私のやり方でやってみてください。

まとめ

今回は、動画編集ソフト「Final Cut Pro X」初心者が覚えたいショートカットキー一覧について紹介しました。

私も、最初は何か行うたびにアイコンをクリックしていましたが、ショートカットキーを覚えてからは作業効率がグーんと上がりました。

ショートカットキーは「Final Cut Pro X」の公式サイト記載があるため、慣れてきたら様々なショートカットキーを見てみて下さい。

【Youtube】オススメ動画編集ソフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です