【市場価値を上げる】北野唯我さんの「転職の思考法」感想

どうも、ゼロから始めるマンです。

今回は、北野唯我さんの「転職の思考法」を読みました。

北野唯我さんの本は以前「天才を殺す凡人」を読みました。

これはビジネスに携わっているすべての人に読んでほしいと思っています。

【凡人は神にもなれる】北野唯我さん「天才を殺す凡人」感想

さて、レビューと感想を書いていきます!

こんな人にオススメの記事です。
転職を考えている人や今の仕事に不安を感じている人

レビュー

この映画の評価
総合評価
(5.0)

概要

時代が求めたベストセラー、16万部突破! ! 「転職する前に読みたかった」「大切な人に推薦したい」など反響の声、続々!
一生食えて、心から納得のいく仕事が見つかる、転職論の決定版。あらゆる不安やモヤモヤが、ストーリー形式で一挙に解決!
◆本書で解決する「悩み」→会社を辞めるべきタイミングがわからない「/年収は下がるけど、魅力的な会社」への転職はあり?/自分の市場価値をどう測るか、そしてどう高めるか「/中途で入るべき会社」と「新卒で入るべき会社」をどう見極めるか「?/本当にやりたいこと」がいつまでたっても見つからないがどうすればいいのか……etc

◆読者の声
・「もし可能ならば『キャリアがスタートするタイミング』において全ての人にこの本を手に取ってほしい。この本で説明されている内容を理解しているか否かで人生が180度変わる事だってあり得ると思うから」(20代男性・学生)
・「企業という組織の体勢、出世構造、マーケットバリューのつくりかた。1つ1つが構造化されて、文系脳でも手に取るように分かりやすく説明されています。転職した人も、これから社会に出る若者にも読んでほしい」(20代女性・メーカー)
・「小説形式だからとても読みやすかったです!
『上司ではなくマーケットを見て働く』という部分、まさに! と思いました」(30代女性・3児の母として専業主婦→HRベンチャー)※発売前モニター調査より

◆転職に必要なのは、情報ではなく思考法である
もはや終身雇用が完全に崩壊した日本。しかし、「転職」がタブー視される風潮の中で、誰にもノウハウを聞けずにさまよう「転職難民」が今、たくさん生まれています。多くの人が「とりあえず」と転職エージェントに登録し、次から次へと企業を紹介され、情報の海におぼれてしまう例が跡を絶ちません。いま本当に必要なのは、情報ではなくその情報を判断するための「思考の軸」なのだ、というのが本書のコンセプトです。
◆転職できなきゃ、自由になれない
仕事でダメな上司に付き合わないといけない、価値のない商品を嫌々営業しないといけない、予期せぬ異動や転勤に振り回される……仕事の悩みのほとんどは、「転職する確信がない」ことから生まれます。本書は、「一生食えて、心から納得のいく仕事を見つける方法」を伝授することで、すべての読者が「本当の意味で自由に働ける状態」をつくり出すための一冊です。

◆「人生を左右するほど大切だけど、誰にも聞けないこと」、教えます
【中途で入社する際の3つの「落とし穴」】

・役員が新卒社員出身で占められている
→そもそも中途が活躍できる文化がない

・自分の職種が会社の強みと一致していない
→会社の「強み」となる部署以外で入社しても裁量権を得にくい

・人材に依存せずに回るビジネスモデルである
→転職しても自身の市場価値は高まらないケースが多い

引用:Amazon

感想

前回、「天才を殺す凡人」を読んで以来2冊目の北野唯我さんの本です。

この本もとても有益でした。ビジネスマンの方は是非読んでほしいですね。

そして、この本が伝えたいことは「いつでも転職できる人材」になれということです。

いつでも転職できる人材になれ

いつでも転職できる人材とはマーケットバリューが高い人材です。

私もまずはマーケットバリューの高い人間になれるように頑張りたいと思います。

マーケットバリューは以下の3つによって決まります。

  • 技術資産
  • 人的資産
  • 業界の生産性

これらを高めることで給料が上がることにも繋がります。

また、それぞれ年齢によっても高めた方が良いものはあります。

20代は「技術資産」の専門性、30代は「技術資産」の経験、40代は「人的資産」が大切です。

とりあえず、それぞれがどのようなものなのか以下で説明します。

技術資産

技術資産とは文字通り、価値ある技術をどれくらい持っているのかということです。

この技術資産は「専門性」と「経験」で構成されています。

例えば、どんな業界で働いているのかやマネジメント経験があるかなどです。

これらが技術資産にあたります。

人的資産

人的資産とは、簡単にいうと人脈です。

誰とでも仲良くなれるような人はこの人的資産が高い人です。

人的資産は歳をとるほど重要性を増してきます。

業界の生産性

業界の生産性とは、一人当たりどのくらいの価値を生み出しているのかです。

簡単にいうと、一人当たりの粗利です。

この業界の生産性が高いと給与の期待値も上がります。

業界生産性が高い場所に行くことができれば、必然的に給与が高くなります。

終身雇用と年功序列は終わりかけている

なぜいつでも転職できる人材になるべきなのかというと、終身雇用と年功序列が終わりかけているからです。

2019年の4月から行われる同一労働同一賃金の制度は終身雇用と年功序列はその先駆けだと私は思います。

これらが進むと、終身雇用と年功序列が終わると能力のない人間は職につくことができなくなってしまいます。

だからこそ、私たちはマーケットバリューを高めていつでも転職ができる人材になることが大切だと言っています。

そしてこれを皆が目指すことで、全ての労働環境をよくすることにつながります。

全ての人がマーケットバリューが高いと労働環境が良くなる

なぜ、労働環境が良くなるのかというとそうしなければ優秀な社員を引き止めることができなくなるからです。

皆がどこでも働けるマーケットバリューが高ければ、企業にしがみつく人間はいなくなります。

そうすれば、ブラック企業では人を確保することができなくなります。

そのようになれば、結果的にブラック企業は人が確保できないため、労働環境が良くなります。

だから全ての人のマーケットバリューが高いと労働環境が良くなります。

だから若いうちにマーケットバリューの高い人間になろう

最初に伝えた通り、マーケットバリューが高い人間になる必要があります。

マーケットバリューが高くなるために転職は必須です。

転職しなければ、専門性の領域はなかなか増えません。

その領域を増やすためにも筆者が言っているのは、成長性が高い企業で働くことです。

成長性が高い企業で働くことで、どこから求められるような人材になります。

それは、後続企業が参入する際に経験値がある人を雇いたいと思うからです。

だからまずマーケットバリューを高めるために成長性が高い企業に転職することはマーケットバリューを上げる近道になります。

そのため、私もまずは成長性が高い企業で働こうと思います!

まずは無料で相談!【キャリアスタート】

【人生が変わる】読書するメリットについて解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram
YouTube
Twitter
SHARE