【コスパ最強】購入したRTX3060をレビュー!GTX1050tiとも比較!

当サイトは広告により収益を得ています。

こんな人にオススメの記事です!
  • RTX3060の性能を知りたい人
  • ゲームやAI画像生成を行いたい人
  • PCのスペックを上げたい人

ゲームやAI画像生成などの用途において、不可欠なのがグラフィックボードです。

しかし、どのグラフィックボードを選ぶべきか迷うこともあると思います。

そこで、今回は高評価のRTX 3060を実際に購入し、その性能を詳しくレビューしてみたいと思います。

実際にRTX3060を使ってみた感想

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

今回、PALITのRTX 3060 Dual 12GBを購入しました!

結論から言うと、コスパ最強!性能も申し分なしです!

アンリアルエンジンフォートナイト(UEFN)やStableDiffusionがサクサク動くようになりました!

UEFNとAI画像生成は1050tiでも動作はできますが、UEFNは少しカクツクような感じ、AI画像生成は生成に3分ほどかかりました・・・

【UEFN】フォートナイトのクリエイティブ2.0とは?始め方も紹介!

グラボ購入したいけど、何にしようか悩んでいる人はRTX3060買っておけば間違いないです!

ちなみに今回変装したPCのスペックは下記の通りです。

CPUCore i7 6700k
メモリ32GB
HDD / SSD1TB
OSWindows 10
グラフィックボードGTX 1050ti(VRAM4GB)

3DMARKのベンチマーク

ベンチマークテストソフト3DMARKのTime Spyスコアは6824でした!

このスコアがどうなのかというと、フルHDで中量級ゲームを快適にプレイ可能な感じです。

一般的にTime Spyのスコアの目安は下記の通りです。

スコア快適度
10000~13000FHDならほとんどのゲームで144fps出せる。
7000~10000FHDならほとんどのゲームで100fps出せる
4000~7000FHDで中量級ゲームを快適にプレイ可能
2500~4000FHDで軽量級ゲームを快適にプレイ可能

正直言うと、高スペックを要求されるゲームだと、ちょっとカクツクかなと感じるレベルです。

こう聞くと微妙な感じに聞こえるかもしれませんが、Fortnite(フォートナイト)やAPEXなどは問題なくできます!

ちなみに4000~7000あれば、画像編集や動画編集も問題なくできます。

RTX3060のスペック

メーカー‎Palit
メモリ量12G
メモリ インターフェイス幅192bit
DRAM TypeGDDR6
グラフィッククロック1320 MHz
ブーストクロック (MHz)1837 MHz
メモリ速度15 Gbps
CUDAコア3584
メモリ帯域幅 (GB/秒)360
Microsoft DirectXMicrosoft DirectX® 12 Ultimate
OpenGL4.6
バスタイプPCI-E 4.0
HDMIHDMI 2.1
DisplayPortDP1.4a x 3
最大デジタル解像度7680×4320
スロット2 Slot
グラフィックス カード電力 (W)180W
推奨システム電力550W
補助電力コネクター8-pin x 1

RTX3060とGTX1050tiの比較

RTX 3060とGTX1050tiの性能比較するため、変装などの参考にしてください!

RTX3060とGTX1050tiのスペック比較は下記の通りです。

まあ下記内容をみてもなかなかわかりにくいですよね。

項目RTX3060GTX1050ti
メーカー‎Palit玄人志向
メモリ量12G4GB
メモリ インターフェイス幅192bit128bit
DRAM TypeGDDR6GDDR5
グラフィッククロック1320 MHz1290MHz
ブーストクロック (MHz)1837 MHz1392MHz
メモリ速度15 Gbps7 Gbps
CUDAコア3584768
メモリ帯域幅 (GB/秒)360112.1
Microsoft DirectXMicrosoft DirectX® 12 UltimateMicrosoft DirectX 12 API with feature level 12_1
OpenGL4.64.5
バスタイプPCI-E 4.0PCI-Express (3.0) X16
HDMIHDMI 2.1HDMI 2.0b
DisplayPortDP1.4a x 3DisplayPort 1.4
最大デジタル解像度7680×43207680×4320
スロット2 Slot2 Slot
グラフィックス カード電力 (W)180W75W
推奨システム電力550W300W
補助電力コネクター8-pin x 16-pin x 1

パソコン工房で公開されている3DMARKのベンチマークで比較すると下記のような感じです。

グラフィックボードVRAMグラフィックスコア
GeForce RTX™ 306012GB GDDR621817
GeForce® GTX 1050 ti4GB GDDR57613
参照:パソコン工房

パソコン工房のスコアだとRTX3060はほかのCPUなどほかの性能もよく、21817もスコアが出ています。

しかし、1050tiの場合は、7613です。

私の環境の場合は、RTX3060で6824なので、1050tiの場合は2500~4000かもしれません。

1050tiは変装前にスコア計測するの忘れてました。。。また外したりするの面倒なので計測していません。

そう思うと1050tiでゲームがカクついたり、AI画像生成で3分ほどかかるのも納得ですよね。

RTX3060とGTX1050tiの違い

性能面を除くと、DVIの出力ができないことくらいでしょうか?

これが私は地味に困りました。w

私はDisplayPortのコードを持っていなかったので新しく買うことになりました。

そのため、グラフィックボードに加えてDisplayPortとHDMIの変換ケーブルも別途購入しています。

普段からDisplayPortを使っている人は特に困ることはないと思います。

Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥1,127 (2023/09/23 18:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

グラフィックボードの性能を最大限活かすためには

PCをハイスペックにしましょう!

どんなにいいグラフィックボードを買ってもCPUなどが古かったら最大限活用することができません。(私のことw)

私はAI画像生成の時間がグラボを変えて1分になりましたが、X(旧ツイッター)をみるともっと早いひとがたくさんいます。

X(旧ツイッター)を見ると本当にAI画像生成が速い人は、1枚10秒ほどで作成しています。

そのため、グラボの性能をMAXまで引き出したい人はハイスペックPCにすることをおすすめします!

PCを安く購入するなら

【公式サイト】FRONTIER(フロンティア)

フロンティアなら目的やご予算に応じたPCをカスタマイズして注文することができます!

さらに、フロンティアをオススメする理由は下記3つがあります!

  • こだわりの高品質
  • 信頼の生産体制
  • 安心のサポート体制

詳細それぞれ下記で説明します。

こだわりの高品質

フロンティアは部品ひとつひとつがかなり高品質です!

パソコンの心臓ともいえる電源装置に内蔵されているコンデンサーを日本製にこだわっています!

そのため、購入後すぐにつかなくなることはほぼありません!

自作PCの場合は、PCパーツの購入に価格と睨めっこしていいパーツを探しますが、そんな手間は必要ないです。

このように、BPOパソコンを注文するなら高品質パーツで安心できるため、オススメします。

信頼の生産体制

フロンティアは部品だけではなく、組み立ても日本で行なっており安心できます!

山口県の自社工場で1台ずつ正確に組み立てを行い、徹底した各種試験・検査後に出荷しています。

日本国内で組立などを行なっているため、輸送機関で故障する可能でもかなり少ないです。

他のサイトだと海外で組み立てをするものもあるため、輸送機関でトラブルが発生するケースもあります。

しかし、フロンティアなら日本国内で組み立ても行なっているため、かなり安心です!

安心のサポート体制

フロンティアは安心のサポート体制も整っています。

ご購入後1年間の保証付きで無償で修理サービスがあるため、安心です!

他にもオプションサービス等も充実しています。

パーツや組み立てにこだわっているのはもちろん、サポートも充実していて隙がありません!

また、購入前にパソコン選びに迷ったら、気軽に相談できる窓口もあるため、満足度が半端ないです!

まとめ

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

今回は、口コミで高評価のRTX 3060をレビューしました!

購入した「Palit RTX3060 Dual 12GB」は、コスパ最強で性能も申し分なしで大満足です!

ゲームやAI画像生成もサクサク行うことができ、3DMARKのTime Spyのベンチマークテストでもスコアは6824でした。

スコアの詳細については下記の通りです。

スコア快適度
10000~13000FHDならほとんどのゲームで144fps出せる。
7000~10000FHDならほとんどのゲームで100fps出せる
4000~7000FHDで中量級ゲームを快適にプレイ可能
2500~4000FHDで軽量級ゲームを快適にプレイ可能

そして、前回使用していたGTX1050tiと性能比較しました。

パソコン工房のスコアで比較してみると3倍近くの差がありました。

グラフィックボードVRAMグラフィックスコア
GeForce RTX™ 306012GB GDDR621817
GeForce® GTX 1050 ti4GB GDDR57613
参照:パソコン工房

これみてわかるとおり、グラボの性能を最大限活かすためにはPCのスペックがかなり重要になります。

グラフィックボードを変装するのに合わせてほかのPCもグレードアップするのもありだと思います。

全部変えるとなると組み立てなどの失敗する可能性もあるため、BPOパソコンを購入するのがいいと思います。

ちなみにBPOパソコンを購入するのであれば、フロンティアをオススメです!

オススメのする理由は下記の通りです。

  • こだわりの高品質
  • 信頼の生産体制
  • 安心のサポート体制

【公式サイト】FRONTIER(フロンティア)

是非快適なゲーム、AI画像生成ライフを!

StableDiffusionをローカル環境で導入する方法