アップルカードがかっこよすぎる!

iPad や iPhone で有名なアップル社がアップルカードを発表しました。

米Appleは(2019年)3月25日に同社のスペシャルイベントでクレジットカードサービス「Apple Card」(アップルカード)を、今夏に米国で開始すると発表しました。米ゴールドマン・サックス、米マスターカードと協業して発行するとのことです。

引用:APPLE社

そのアップルカードのデザインがとてもかっこいいです。

アップルならではの機能などもあり申し分ないです。

今回はそのアップルカードについて紹介します。

カードデザイン

引用:APPLE

アップルカードに表記されるのは使用者の名前のみで、

カード番号や有効期限、CVV番号に署名欄すら存在しないシンプルなデザインです。

特徴・機能

アップルカードはウォレットアプリで保管されます。

主な使い方はApple Payと同じで、Touch IDまたはFace IDで認証して使用します。

そしてこのカード最大の特徴は、クレジットカードにナンバーがありません。

また、「Apple Pay」が使用できない場合でもクレジットカードとして使えます。

カードナンバーがない

先ほども紹介しましたが、

アップルカードに表記されるのは使用者の名前のみで、

カード番号や有効期限、CVV番号に署名欄すら存在しないシンプルなデザインです。

そのためカード情報が盗まれるリスクがありません。

還元率

Apple Cardで決済するたびに毎日キャッシュバックを受けることが出来ます。

アップルカードを使用してApple StoreなどAppleで購入する場合は1%のキャッシュバックを受けることが出来ます。

※Apple Payの場合は日々の買い物で2%が還元されるほか、Appleの店舗での買い物なら3%が還元されます。

料金・年会費

年間利用費、支払いが遅れた場合のレイトフィー、海外で利用した場合の手数料は一切かかりません。

日本にはいつ上陸するのか

残念ながら現段階では日本での展開に関する発表はありませんでした。

海外のApple Payと日本で展開されているApple Payでは仕様が異なるようで

アップルが日本でApple Cardのサービスをそのまま提供できるようにはまだ時間がかかりそうです。

とりあえず、アップルカードが日本に上陸するのを待とうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です