ゼロから始めるlineスタンプ

実は PayPay のキャンペーン中に iPad Pro を購入していました。

最初は FX のチャートなどを確認する目的でした。

しかし、せっかく購入した iPad Proをより活用すべく、

イラストを描くことを始めました。

そして、どうせならそれらを商品化したいという思いが湧いてきました。

そこで、簡単に商品化できる Line スタンプに目を付けました。

今回は今更ですが、Line スタンプの作り方を紹介します。

Lineスタンプとは

現在のコミュニケーションツールといえば「Line」ですよね。

その「Line」で使用できるスタンプのことです。

これを個人で作成して販売することが出来ます。

その個人で販売できるスタンプをクリエイターズスタンプと言います。

次にこのクリエイターズスタンプをつくるために必要なものを紹介します。

必要なもの

必要なものは以下の通りです。

  • iPad (タブレット)
  • イラストソフト
  • Lineクリエイターズアカウント

iPad (タブレット)

イラストを描くには iPad やペンタブレットが必要です。

ラインスタンプをつくるためにお金が掛かるのはこれくらいです。

iPadの場合は液晶タブレットしかありませんが、

タブレットの場合は2種類あります。

ペンタブレットと液晶タブレットです。

ペンタブレット


通称板タブレットです。

パソコンに接続して使用する入力機器です。

タブレット上で、専用のペンを動してイラストを描きます。

ディスプレイとイラストを描く場所が別々です。

普通のマウス操作ではできない線を描くような操作もできます。

筆圧感知機能に対応したお絵かきソフトなら、筆圧を活かした多彩な表現も可能です。

液晶タブレットと比較すると価格はとてもリーズナブルです。

液晶タブレット


iPadのように画面に直接イラストを描くことが出来ます。

紙に絵を描くように手元を見ながらイラストを描くことができます。

そのため、細かな修正などがしやすい分、板タブレットと比べると高額です。

イラストソフト

イラストを描くにはソフトが必要です。

iPadを購入した場合はアプリ、

タブレットを購入した場合はソフトが必要です。

※タブレットにはソフトが付属していることもあるためソフトの購入が必要ない場合もあります。

iPadの場合はイラストを描くアプリが必須です。

おススメのイラストソフト、アプリを紹介したいと思います。

photo shop

公式サイト

イラストや画像修正といえばド定番のソフトです。

月額980円で利用することが出来ます。

イラストを描く以外にも様々な機能を利用することが出来ます。

Photo shop を使いこなせるようになると仕事にも活用できるため、

デザイン関係の仕事をしたい人はこのソフトをおススメします。

MediBang Paint

メディバンペイント

メディバンペイント
開発元:MediBang inc.
無料
posted withアプリーチ

私がiPadで使用しているアプリはこれです。

ラインスタンプ用のプリセットがあり、

イラストを描くだけで簡単にスタンプ用のイラストをつくることが出来ます。

他にもTwitterのアイコンやヘッダー用のプリセットもあるため、

様々な用途で利用することが出来ます。

全て無料で使用することが出来ます。

Lineクリエイターズアカウント

公式サイト

Lineのスタンプを投稿するためにはLineのアカウントが必要です。

登録やスタンプを販売するのにお金はかかりません。

イラストを描いてスタンプにするにはLineの審査が必要です。

スタンプの作り方

イラストソフトでイラストを描いてすぐにスタンプが出来るわけではありません。

スタンプにするには透過加工をしなくてはなりません。

透過加工とは背景を透明にすることです。

イラストのみを切り取る作業が必要です。

しかし、最近のイラストソフトではLineのスタンプ用に

最初から背景の透過加工がおこなわれているものもあります。

その透過加工がおこなわれたイラストを最低限8枚、最高で40枚で

ラインスタンプにする申請を行うことが出来ます。

価格も120円から600円の間で決めることが出来ます。

※固定価格です。

まとめ

ラインスタンプに必要なものを紹介しました。

私自身、iPadを購入したのでラインスタンプを製作してみようと思います。

完成したらブログやTwitterで紹介します。

みなさんもiPadなどをお持ちの方はつくってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です