【FX】相場を理解するためにしたこと

相場が今どんな状態なのかある程度把握しなければ、

FXはタダのギャンブルと一緒です。

そのため、相場の動き方が分からなければFXで安定して勝つことが出来ません。

現状、収支がマイナスの私ですが、

始めた当初よりは相場の動きが予測できるようになってきました。

どのようにしたら相場が見えるようになってくるのか

実践を通して学んだことを紹介したいと思います。

はじめに

私が相場を把握できるようになるために以下のことをしました。

  • ダウ理論を学ぶ
  • サポートラインを学ぶ
  • レジスタンスラインを学ぶ
  • 実際にチャートに線を引いてみる

とりあえず、勉強して最後に学んだことをアウトプットしました。

ダウ理論とは

アメリカのダウ・チャールズという証券アナリストが

提唱した市場の値動きに着目した理論です。

これを知らなかった私はチャートの中で

自分の立ち位置が分からず迷子になっていました。

しかし、これを学ぶことでチャート上で

どのような立ち位置にいるかある程度把握することが出来るようになりました。

具体的にどのようなものか紹介します。

ダウ理論は6つの法則があります。

平均はすべての事象を織り込む

政府が発表する経済統計や企業の業績、

自然災害などすべての事象が市場価格に織り込まれるということです。

トレンドには3種類

ダウ理論では以下のトレンドに分類されます。

  • 主要トレンド:数年のサイクル
  • 二次トレンド:数か月のサイクル
  • 小トレンド :数週間のサイクル。

主要トレンドは3段階

トレンドは3段階あります。

  • 先行期 : 市場価格が底値の時期です。
  • 追随期 : 市場価格が底値から上がってきた時期です。
  • 利食い期: 市場価格が天井を迎える時期です。

平均は相互に確認されてなければならない

複数の指標が存在する場合、

そのすべてに同じシグナルが見られないなら

明らかにトレンドとして捉えることは出来ないということです。

トレンドは出来高でも確認されなければならない

市場の終値の変動をダウ理論では重視するが、

それに加えてトレンド発生の確認手段として

出来高の推移も重視するということです。

トレンドは転換シグナルが発生するまでは継続する

市場で起こっているトレンドは、

明確にトレンドの転換シグナルが

現れるまで継続し続けるとするということです。

サポートラインとは

相場が下降している際に水準となって維持する基準です。

日本語では下値支持線といいます。

また、サポートラインがトレンドラインの場合は、

上昇トレンドの場合は下値を切り上げ、

下降トレンドの場合は下値の切り下げ、

そして水平の場合はレンジ相場の構成など、

トレンド転換やレンジ内での安値の目安となります。

レジスタンスラインとは

相場が上昇している際に水準となって反発が起きる基準のことです。。

日本語では上値抵抗線といいます。

サポートラインと同様にレジスタンスラインを突破して、

上昇が始まるとレジスタンスラインを基準として

売りや一斉損切りや行われることが多いです。

そのため、買いが入りやすくなり価格が急上昇することがあります。

まとめ

相場が読めるようになるために最低限必要な知識を紹介しました。

でもこれだけで相場が分かるようにはなりません。

一番大切なことは実際に線を引いてみることだと思います。

私も完全に見えているわけではありませんが、

FX を始めたばかりの頃よりは確実に相場が読めるようになりました。

そして高値と安値で線を引いてみると意外とそれっぽくなるものです。w

最初は全然分からなくても実際に線を引いてみるとどこで

拮抗しているかなどが徐々にわかるようになってきます。

上記の画像で引いた線は間違っているかもしれませんが、

引かなければ見えるものも見えてきません。

間違っていても線を引くことが重要だと思います。

だからこれから FX をこれから始める人も全然相場が読めない人は

引いた線が正しい正しくない関係なく、

高値、安値で引いてみることをおススメします。

そうすれば以前より相場が見えてくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です