タックインで差をつけよう

以前ファッションの系統を紹介しました。

そして、自分に合っている系統を知って

自分自身が着る服装が分かってきたと思います。

しかし、系統を知って周りを見渡してみると

意外と似たような服装を着ている人が多いことに気が付くと思います。

そこで、今回は周りの人と差をつける方法

「タックイン」について紹介します。

タックインとは

シャツやカットソーなどのトップスをズボンに入れることです。

「Tuck in」とは英語で押し込むという意味です。意味のまんまです。

少し前では「オタク」や「おじさん」のようでダサいと言われていました。

(私はオタクやおじさんの服装も個性があって好きです。)

しかし、最近では「ナード感」という言葉も生まれて

ダサさもファッションの一つとして広がっています。

いま「タックイン」は攻守ともに最強のテクニックとなりました。

そこで、メリットを紹介します。

メリット

メリットは主に2つあります。

  • お洒落になる
  • 足が長く見える

お洒落になる

先ほども軽く紹介しましたが、

「ナード感」という言葉の誕生により

ダサいファッションも上級者の着こなしとして扱われるようになりました。

いい感じなら「こなれ感」

少しずれてても「ナード感」

どちらでもオシャレな着こなしになります。

だからタックインすればだれでもオシャレになります。

どんどんズボンに押し込んじゃいましょう!w

足が長く見える

タックインすることによって腰の位置まで足が見えるようになり、

普段より足が長く見えます。

さらにハイウエストでパンツを履けばさらに長く見えます。

ワンポイントアドバイス

タックインする上で「こなれ感」を出したい場合は、

インするトップスは少したるませた方がいいです。

逆に「ナード感」を出したい場合は、

インするトップスをきっちりとしまった方がいいです。

あと、両方のファッションにいえることは

胸を張って堂々と歩くことです。

これは何度も言っていますが、

これをすることによってどんな服装もオシャレに見えます。

自分に自信を持ちましょう!

さいごに

今の時代、タックインは「ナード感」と「こなれ感」

どちらでも当てはめることが出来る最強ファッションテクニックです。

「タックイン」をすることによっては周りと違いを出すことが出来ます。

しかし、使うも使わないも自由です。

自分の決めたファッション軸をより引き立たせるために使いましょう。

結局はが好きなファッションを楽しむことが一番大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です