使ってみたインディケーター

FXで相場を分析する方法はテクニカル分析とファンダメンタルズ分析があります。

そのひとつである、テクニカル分析を行う手法としてインディケーターというものが存在します。

以前「意外と面倒くさいFX用語」でインディケーターについて簡単に紹介しましたが、

今回はそのインディケーターについて詳しく紹介します。

インディケーターとは

チャートの傾向を分析するために使うツールのことです。

これらは大きく3つの種類に分けることが出来ます。

  • トレンド系
  • オシレーター系
  • ボリューム系

主にこの3つのインディケーター組み合わせて相場を分析します。

トレンド系

相場の動き着目してトレンドを分析するインディケーターです。

いまが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを見極めるために用います。

オシレーター系

売られすぎ、買われすぎに着目するインディケーターです。

いまが、買い時なのか売り時なのかを見極めるために用います。

ボリューム系

価格の変動に着目するインディケーターです。

通貨ペアの差をみて買い時なのか売り時なのかを見極めるために用います。

まだこのインディケーターは使用したことがありません。

移動平均線(Moving Average)

一定の期間における価格の平均値を表す指標です。

トレンド系のインディケーターです。

平均線より上か下かでトレンドが分かります。

長期移動平均線と短期移動平均線を用いることによって

転換期を見極める際に用いられることもあります。

ボリンジャーバンド(Bollinger Band)

移動平均線とその上下の線で値動き幅を表す指標です。

トレンド系のインディケーターです。

ボリンジャーさんが考案したため、ボリンジャーバンドと呼ばれています。

相場の変動の95%はボリンジャーバンドの幅に収まると言われています。

そのため、チャート上の高値と安値が分かります。

RSI(Relative Strength Index)

一定の期間における価格の変動幅から相場の

売られすぎ、買われすぎを表す指標です。

オシレーター系のインディケーターです。

主に逆張りを行う際に使用されます。

しかし、強いトレンドが発生すると使えない状況も存在するため注意が必要です。

MACD

短期移動平均線と長期移動平均線を使用することで

転換期を見極めることが出来る指標です。

オシレーター系のインディケーターです。

移動平均線を2つ用いて転換期を見極めることができると言いましたが、

それを1つのインディケーターで行うことが出来ます。

まとめ

私が使ってみた以下のインディケーターについて紹介しました。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • RSI
  • MACD

これら以外にもたくさんインディケーターはあります。

まだあまり使っていないので、

初心者向けといわれる主要なインディケーターを使ってみました。

一つだけで相場を完全に把握することはできないですが、

たくさん使えば良いというものでもありません。

皆さんもいくつか使ってみて自分にあったものを見つけてみましょう!

また何か使用してみたら紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です